【三菱】アウトランダーが好調なようです【2021年決算】

2022年1月31日に三菱自動車2021年4月-12月期の決算発表があったみたいです。


[東京 31日 ロイター] - 三菱自動車の池谷光司副社長は31日、2021年第3・四半期(4─12月期)連結決算のオンライン会見で、22年3月期通期の半導体不足による生産への影響が約10万5000台、営業利益への影響額は約300億円との見通しを明らかにした。半導体不足の解消時期は、来期の「少なくとも前半は今の状況が続く」との見方を示した。通期の業績予想は円安効果で利益は引き上げた。

昨年11月の4─9月期決算では、半導体不足による年間影響台数は9万5000台としていたが、池谷氏は「第4・四半期(1─3月期)に向けて、さらに1万台くらい増える」と語った。

同社はこの日、通期の売上高を前期比37.4%増の2兆円と、従来予想から100億円下方修正したが、営業損益は700億円の黒字(前期は953億円の赤字)となる見通し。従来は600億円の黒字を見込んでいたが、米ドル、タイ・バーツの好転など円安効果により約100億円上振れる。

通期の販売計画も92万1000台と従来予想から1万8000台引き上げた。前期からは12万台増となる見込み。スポーツ多目的車(SUV)「アウトランダーPHEV」の新型車の販売が好調で、国内での受注が想定以上となっていることなどが寄与する。

この日は、軽商用車の電気自動車(EV)「ミニキャブ・ミーブ」の生産・販売を一般向けに今秋再開することも明らかにした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1a3e9dc04e7bfb0690470127c32798cc33331143



期間工的見るべきポイントとしては


アウトランダーが好調
部品不足はしばらく継続




この辺ですね。



決算発表の中で部品不足について、2022年1月〜3月にかけても1万台程に影響が出るとの事


更にその先について『少なくとも来期前半は今の状況が続く』と予想しているようです


ただアウトランダーが好調なようですから


来年一杯くらいはぼちぼち忙しそうで、


期間工の募集や入社祝い金など特典の水準も現状維持でいきそうですね。


とはいっても最近は情勢が不安定なので


引き続き情報をチェックしていきます


それでは(゚∀゚)

おすすめの記事