2021年6月2週【 職場への菓子折りや業界話/アフィ規制】振り返りvol68

どもきろくがかりです


毎週土曜日投稿、ブログ記事にするほどの内容じゃない日常のどうでも良いネタだったりをダイジェストでお届けしているお馴染み今週の振り返り記事。


今回は6月6日(日)⇒6月12日(土)まででテーマはこんな感じ。


今週の話題
満了時に職場へ持ってく菓子折り
業界ニュース
・新型車
・期間工求人
社会
・アフィリエイト規制

それでは行ってみましょう

退職時に職場へ持って行く菓子折り


まずは最近の状況から。


6月の末に期間満了で退職しますので、次の仕事とか探さないといけないんですけど


今は退職時に職場へ持って行く菓子折り的な物を何にするか悩んでいます


候補としては下のアイテムですかね





個人的にはゼリーがいいかなと思うんですよね。


調べたら全体の内容量が700gで、ゼリー1本の量が10g…って事は本数で70本


職場の人数が20人位なので数量的には問題ないし、持ち運びする際に気になる重量的に面も問題なしって事でいいんじゃないかと


購入したら実際に食べてレビュー記事書こうかな

業界ニュース


さて続いては業界ニュースです。


ツイッターで拾った期間工や派遣の求人状況や、新型車など自動車会社の話題について書いていきます

ホンダシビックは寄居で生産か


まずはシビックについて




性能面については別に興味はないんですよね。


興味があるのはどこで作るのかと、そこで人員が必要になるのかって事でして


ホンダ 英国工場を22年までに閉鎖へ
2019/2/19 00:50

 ホンダが英国工場を2022年までに閉鎖する方向で検討していることが18日、分かった。BBC放送など英メディアが報じた。

 英工場では18年に主力車「シビック」などを約17万台生産。欧州のほか、日本や米国向けに供給していた。約3500人の雇用に影響が出そうだ。ホンダは英国の欧州連合(EU)からの離脱で、英国に生産拠点を置くことのメリットがなくなったと判断したとみられる。ホンダは生産拠点の再構築を迫られそうだ。

https://www.sankei.com/article/20190219-MFFFVDLEVZNYLJ7OTJD7ZOSXLQ/



ネットで検索したら今まで英国の工場でシビックを作っていたらしいんですけど、その工場が閉鎖になるようで


じゃあどこで作るのかとさらに調べたら、


現在シビックのセダンを作っている寄居工場で作るんじゃないか


なんて意見がありました。


という事はこれから寄居工場が忙しくなって、人手も必要になるのかなと、そんな事を思ったんですけど


よく考えたら狭山工場が閉鎖になって、そこの人たちが寄居にやってくるし


ホンダの埼玉は不足している人員を期間工じゃなくて無期雇用の派遣で賄ってるなんて話を聞いたので


この先、期間工を大量募集…なんて事にはならないかもしれないですね。


ま、興味のある人は年末年始あたりに求人チェックしてみるのもいいかもです

ランドクルーザー300はトヨタ車体


続いてはランドクルーザー300




ランドクルーザーってまぁまぁ種類があって何をどこで作ってるか良く分からないんですけど、今回の新型はトヨタ車体の吉原工場で作るみたいです。


忙しくなるのかどうかは…どうなんでしょうね🤔


日野自動車の小型EVバスには未来がありそう


次は日野の小型EVバスです。




期間工やるために愛知にやってきてびっくりしたのは地域巡回バスの充実度ですね。


ペース的には一時間一本くらいでそこまで便数は多くないですが、安いしハンドル握らなくていいからとてつもなく楽だし、事故の加害者になる可能性がゼロですから安心なんですよ。


自分も数えきれないくらい利用してますが、良く考えればこれから高齢者が増加すると同時にバス利用客も増えるだろうし


自動運転だ~なんて時代になってきた時には、環境の整備はある程度ルートが決まっている長距離のトラックや路線バスからになるだろうし


そういう意味では今後、大型輸送のトラックや小型バスの生産って増えていくと思うんですよね。


そんな訳で個人的には日野の他、ISUZUやふそうの求人に注目してます




50代未経験活躍中ってのが自分的にはアツいですね😃

自動織機のコンプレッサー


業界の話題、ラストは豊田自動織機の電動コンプレッサーについて




期間工界隈では自動織機=RAV4みたいな感じですが、他にも色々やっていて、今回ネットニュースで見かけたのはその中の一つ『電動コンプレッサー』


テスラも採用、電動エアコン圧縮機 豊田織機、生産能力3倍に
25年までに年1000万台計画 EV・HV普及にらむ


2021年2月5日 1:49 [有料会員限定]

豊田自動織機は電動のエアコン用コンプレッサー(圧縮機)を増産する。同社の電動圧縮機は主に電動車に搭載され、世界シェアは約5割。トヨタ自動車のほか米EV(電気自動車)大手テスラにも採用されている。EVやハイブリッド車(HV)の普及をにらみ、生産能力を2025年までに年1000万台超と現在の3倍に引き上げる。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68837290U1A200C2L91000/



数年前から車の電動化で部品関係が忙しくなってくる…なんて話はあったんですけど、いよいよ本格化してきたなって感じがします。


とりあえずこれからも生き延びる為に、できるだけ業界全体を見渡せるような視野の広さで状況を把握して行きたいですね。

社会の話題


さて、最後に世の中の動きについて、気になるニュースを一つ二つ書いていきます。


今回はアフィリエイト規制について

アフィリエイト規制


なんかニュースでやってたんですけど、アフィリエイトが規制されるとかなんとか


インターネットでの成果報酬型の広告、いわゆるアフィリエイト広告について、規制強化に向けた検討が始まりました。

アフィリエイト広告はホームページで商品やサービスを紹介し、売り上げなどに応じて報酬が支払われる仕組みで、市場規模は3000億円以上に上るとみられます。

商品を紹介する人が成果や報酬を求めて製品の効果効能について誇大な表現に陥りやすい点や広告主でない人が作成するため管理が行き届きにくいなど消費者の誤認を招きやすいことが問題になっています。

消費者庁は10日に始まった検討会で対応策を検討し、不当な広告を未然に防ぐ取り組みなども議論したうえで年内に取りまとめる方針です。

https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/ann_000218824.html



まあどうなんですかね、他のジャンルはわからないですけど、期間工アフィリエイト界隈ではそこまでひどい誇大広告とかはないかな。


誇大広告というか紛らわしい表現はアフィリエイトサイトより、むしろ広告主の派遣会社の方が多いんじゃないですかね😅


更新手当てを入社祝い金とか、入社特典の総額に会社負担分の寮費を合わせて表現するとか…まあどことは言いませんけど


ただアフィリエイトサイトに問題はないかというとそんな事はなく、情報発信元の運営者が権威性を高める為、偽りの経歴もしくは盛りすぎな自己紹介とか、この辺については横行していますね




基本的に転職って人生を大きく変えてしまう行為で、期間工や派遣のアフィリエイトのジャンルは転職ですから、情報については十分な信頼度が必要だと自分は考えていて


発信者の信頼度が今一つだったり、表現が大げさだったりとか、自分が気になったものについては記事にしたりして注意喚起したりしてますけど


規制するってなるとこれは少し難しいかもなので、最終的には自分自身のディフェンス力を高めるしかないです。


自分がやってる変な情報に惑わされない方法としては、知りたい情報をグーグルの検索窓に入れて、検索結果に出てきたサイトを上から下まで隅々まで見る


合わせて同様の検索ワードでTwitterなどでも検索するとか、信頼度を高める為に多くの角度から情報を収集するようにしています。


なにしろグーグルは今でも検索結果における情報の信頼度や発信者の権威性について、それがウソかホントかまでは確認できていませんし、するつもりもないでしょうから




なかなかめんどくさいですけど、損するよりましなので仕方ないですね

おわりに


はいというわけで今回は、職場に持ってく菓子折りやアフィリエイト規制の話題に触れてきましたが、珍しく満足度高い内容に仕上がりました。


これからもクオリティ高めの記事を提供出来るよう頑張ります…って事で以上今週の振り返りでした



それではまた~

おすすめの記事