スバルの大泉寮に住んでるなら一度は行きたい台湾料理の台味館

どもきろくがかりです。


スバル大泉寮の食堂は毎月第一日曜日と第三日曜日が休みなんです(2016年現在)


その時は近所のコンビニやスーパーで食料を調達する感じになるんですけど、コンビニで2食とか食べると結構いい値段するんですよね。


なので今月は少し趣向をかえて近所の飲食店を攻めてみました。

スバル期間工にはおなじみ台味館


東小泉の台湾料理屋台味館

今回やってきたのは東小泉にある台味館。


ボリューム感たっぷりのお得なランチでスバルの期間工にはおなじみの飲食店ですね。それでは行ってみましょう。あ、大利根寮の近くにもありますよ。


台味館の店内

台味館の内装

大利根寮近くにある台味館はコンビニを改装した感じの外観デザインなんですけどこちらは普通の飲食店って感じです。


客席は座敷とテーブルがありますけど全て6人がけ。ちと一人で座るには軽いプレッシャー感じますがまぁ慣れれば何てことありません。


混んできたら相席になるのか、相席嫌だったら早めにピークを避けて食べに来るかのどちらかですかね。

定食メニューを注文

豚骨ラーメンと麻婆飯を台味館注文

今回が初訪問なんでオーソドックスに定食を頼んでみました。メニューは豚骨ラーメンと麻婆豆腐飯のセット。


画像がイマイチで申し訳ないけど、皿のキャパ限界に近いあたりまで盛り付けられててなかなかの量。辛い事は辛いんだけど食べやすい辛さで旨い!


豚骨ラーメンは食べると鼻の奥を刺激する…なんというか臭みというか風味というか、ちと苦手な部類の麺を使用していて、別に食べられなくは無いけど自分の口には少し合わなかった。


もしかしたらラーメンの種類によって使用する麺を変えてるかもしれないから、今度は別を頼んでみようと思う。

餃子を食す

豚骨ラーメンに難癖をつけつつもしっかり完食。かなり胃袋は満足してたけど、単品メニューを見てたら餃子のビジュアルが良かったので追加で頼んでみた。


台味館の餃子

パリパリの羽根つき餃子でお値段190円。表面はカリッと焼きあげられて食感よし。具は少な目だけど値段を考えるとこんなもんかなと。


これ一つで満足しようと思ったらちと厳しいけど、サイドメニューとしての役割は十分に果たしてくれると思う。


なんだかんだでめちゃくちゃ腹一杯。


料金的には1000円行かなかったし、昼に食べたんだけど、その後なにも食べなくても平気だったんで、コンビニで弁当とか買って2食食べるよりはずいぶんと安上がりだったなと。

台味館2回目訪問

台味館看板

2回目の訪問。前回は定食のセットメニューを食べたけど。今回はランチを頼んでみようと思う。ランチは600円なんだけど、+100円でスープをラーメンに変更できるシステム。ここはやっぱりラーメンにするよね。


+100円で変更できるラーメンにはいくつか種類があって、醤油、豚骨、台湾ラーメンや担々麵など。


今回自分は、ランチの麻婆天津飯に+100円で黒担々麵をチョイス。あれ?前回も麻婆系頼んでなかったっけ?まぁいいか

ランチメニューの麻婆天津飯

いかにも辛そうな麻婆天津飯

一瞬


オムカレー?


と勘違いしてしまいそうだけど、しっかり麻婆天津飯。旨い!麻婆系に外れはない気がする。しかし明らかに前回食べた麻婆豆腐より餡が辛い。


麻婆豆腐は餡の辛さを豆腐がほんのり和らげていたのかもしれない。この麻婆天津飯はそれよりも力強い辛さ。


卵の甘味が辛さをより引き立てているからなおさら。でも旨い。胃袋から体が温まってくるのでこの時期にはちょうどいい。

+100円の黒担々麵

台味館の黒担々麺

続いて+100円で変更した黒担々麵。+100円だから大した事ないんでしょと侮ってはいけないクオリティ。まずスープが旨い。

台味館の黒担々麵その2

上で書いた豚骨ラーメンは麺がイマイチでちょっと残念だったんだけど、この黒担々麵は使用している麺がそれとは違う種類で癖が無い。


スープも辛い事は辛いけど、痛い辛さではなく旨い辛さで、麻婆×坦々のちょっと刺激的な組み合わせでもしっかり味わう事ができた。満足満足。

おわりに

はい、というわけで今回は台湾料理の台味館について書いてきました。


冒頭でも少し触れましたが、このお店は6人掛けのテーブルか座敷なんですよね。


なのでピークを避けて訪問すると店の人とマンツーマンになってしまいますからメニューをゆっくり選ぶのに気が引けるんですよね。


読者の方の中にもそんな癖の人がいるかもしれませんので、メニュー画像を貼り付けておきます。


台味館メニュー
台味館メニューその2

これをみておけば行ってなに食べるか長く考えなくてもすみますからねって事でまた次の記事でお会いしましょう


それではまた!

おすすめの記事