2020年12月4週【遅刻した|ブログ記事へ色々追記】振り返りvol.44

どもきろくがかりです


毎週土曜日投稿、ブログ記事にするほどの内容じゃない日常のどうでも良いネタだったりをダイジェストでお届けしているお馴染み今週の振り返り記事。


今回は12月20日(日)⇒12月26日(土)まででテーマはこんな感じ。


今週の話題
・遅刻した
・ブログ記事へ色々追記

それでは行ってみましょう!

遅刻した


まず始めに遅刻した件についてですが、感想としてはああやっちまったなって感じですね。


トヨタ期間工には満了報償金ってシステムがありまして、金額は契約期間×期間内の出勤日数×1500円


支給は満了翌日支給の給料日に満了慰労金と合算


そして肝心の支給条件なんですが、無欠勤・無遅刻・無早退の月のみが計算の対象なので


今回のように遅刻すると月平均20日出勤の半年契約の場合、本来18万円の額面が15万円とマイナス3万円になってしまうんですよね


そんなキャバクラなみの勤怠ペナルティなんですけど、年休(有給)を取得して休んだ場合は満了報償金に影響ないんですよ。


なので寝坊したときに具合が悪い事にして休み、その休みを有給対応にしてもらえれれば理論上はペナルティを回避できるはずなんですけど


一応正社員の人は突発すると年休扱いにしてもらえるっぽいんですが、期間工もそのような対応をしてもらえるのかどうかは謎で


おまけに現在のコロナ禍の状況下で具合が悪いなんて言ったら出勤ペナルティどころかしばらく出勤停止しなきゃいけない状況になりかねませんから


今はもう寝坊したら諦めて正直に言うしかないですねぇw


とりあえずネタがひとつ増えたって事で下の記事にボリューム的には小さめですが内容を追記しましたので供養がてらみてやってください…



ブログ記事へ色々追記

というわけで遅刻に関しては以上なんですが、追記で思い出したんですけど今週はいくつかのブログ記事に手を加えましたので折角ですから紹介していきます。


まずは月末更新の給料記事です。

ブログの上の方に常時リンク貼ってますから見たって人も多いと思いますが、今回の更新を持ちましてトヨタ期間工2年目の給料明細は終了。

次回よりトヨタ期間工3年目の給料明細に突入しますので引き続きよろしくお願いいたします



次に年収のまとめ記事ですね。

2020年の源泉徴収票をもらった…というかweb明細で届いていたので、その内容を追記しました。

コロナ禍で色々としんどい一年でしたがなんやかんやで金額的には過去最高額になりました。



最後に期間工求人まとめ記事ですが、12月23日に日産や日産車体と三菱、12月26日にトヨタの期間工求人についてと2021年の新車発売日程なんかを追記しています。


あとは追記ってほどじゃないですけど12月23日に2月入社予定のデンソー期間工の面接日程がUPされていました。

12月26日現在web面接に関して半分ほど空きがあるようです。下の記事内のリンクから実際に確認して見てください



あと最後ですが、当ブログ内にある期間工ブロガータケさんと会って話をしたという日記について、記事そのものは消さずタイトルにあった企業名を変更しました。

同時に記事内からタケさんのブログに貼ってあったリンクも修正って感じで対応し終了です。


なんのこっちゃ?っていう方はこちらのツイートをどうぞ


おわりに


…というわけで今回もブログ記事にするほどの内容じゃない日常のどうでも良いネタを書いてきましたが、最後に触れた記事削除の件について少し書いておきたいと思います。


先に書いた通り某メーカーから当ブログへ直接ではないですけど記事の削除依頼がありました。


普通に考えたらどんな大企業でも個人が書いた記事に名誉を棄損したりプライバシーを侵害する等の違法行為でもなければ削除させる事なんてできるわけがないんですけど、そこに利害関係が存在している場合は別ですよね。


今までは期間工jpに織機の求人広告が載っていたので、期間工jpへの集客に織機の名前を記載した記事があっても問題なかった


でも今回、織機が期間工jpの求人広告から消えた…正確には募集中から募集停止に変わりまして


という事は、期間工jpへのアフィリンクを貼ってるサイト内にある織機の記事は、期間工jpへの集客へは役立ちますけど、織機にとっては何のメリットもなく勝手に名前使われてるだけなので


織機
なんでもうウチの名前を勝手に使って期間工jpの宣伝してんの?


そんなクレームがアウトソーシング側にあったんじゃないかなっ…て自分は考えています




ま、現実はどうなのかちょっとわからないですけど実際あちこちの期間工ブログで織機の記事が消えましたね。


そこからは特に何もないのでひとまず事態は終息したかのように見えますが、実は問題はここから


今回の件で期間工jpで求人募集をしていない企業…例えばマツダとかの名前を使用した記事は


期間工jpとアフィリエイト契約を行ってるサイトであれば消させる事が可能…という実績ができてしまったんですよね。


なのでもっと言うとトヨタが一時的に募集停止するって事で期間工jpからリンクが消えたら


期間工jpとアフィリエイト契約しているブログはトヨタの名前をブログ内から全消去しないといけない…なんて状況も全然出てくるわけです。


そうなったときに記事を守るための術は期間工jpとのアフィリエイト契約解除しかなく、自分の場合は期間工で働いた給料がメインの収入なのでそれでも死にはしませんが


期間工アフィリエイトを収入のメインに据えてる専業アフィリエイターは契約解除したら確実に息の根止まりますね。


まぁ広告は非表示にしてブログ記事はそのままにして検索流入を生かしつつ訪問者をクローズドの空間へ誘導し


そこで対象者に求人案件をダイレクトに紹介する…といった形であれば、継続して収益を得ることも可能かも🤔


_人人人人人人人人_
> 期間工サロン <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


まあそんなコンテンツも今後どこかで生まれるかもしれませんね


_人人人人人人人人人人人人人
> かげぽんの期間工サロン <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


もし生まれたなら…とりあえずその後の成長を生暖かく見守っていきつつ、問題がありそうなら当ブログ内で物申していきたいと思いますって事で今週の振り返りは以上です。


それではまた来週~

おすすめの記事