【メーカー別】期間工の記録

はいどもー

きろくがかりです。

先日期間工の面接を受けるために履歴書を書いたんです。

んで履歴書書きながら思ったんです、そういや履歴書の記事って書いてなかったなと。

というわけで今回は期間工の履歴書についてです。

まぁ自分がいつもどんな感じで書いているのかとかそんな感じの内容ですかね。

絶対に受かる履歴書の書き方
みたいなノウハウ記事ではありませんw

ただ一応受かったので、これから期間工に応募しようと考えている人の少しの役には立つかもしれません。

とりあえず行ってみますか。

期間工の履歴書は手書きorパソコン?


まず初めに履歴書を書く前の段階、何で書く?からスタートです。

今回自分は手書きで書きました。

理由は面談したアウトソーシングの担当者の方から

手書きの方がいいですよ

とアドバイスしてもらったのと、以前に日総工産に行った時に

き:あと面接に関してもう一点、履歴書についてなんですけど、企業面接で提出する履歴書ってパソコンで作成しても大丈夫でしようか。自分は結構職歴があって、手書きだと時間がかかって大変なんですよ…

F:パソコンで作成した履歴書ですね。可か不可かと聞かれれば可です。ただ面接と同様、面接官の中には『 履歴書=手書き 』といった価値観の方もいるので、無難なところだと手書きでしょうね。

『日総工産』期間工・派遣・技能社員についてプロに話を実際に聞きに行ってきました|履歴書は手書きかパソコンか


こんなことを聞いていたからです。

でも本当はパソコン使って履歴書を作成したかったんですけどね。


パソコンで書いた方が楽ってのもあるんですが、一番の理由は字が汚いって事ですね。


元々字はへたくそなんですけど、工場で働いていると文字を書く機会がほとんどないのでますます汚くなっていくという…悪循環ですねー

証明写真はスーツで取るべき?

さて、続きましては証明写真について。

ここでは撮影時の服装について書いて見たいと思いますが、普通に考えたらスーツでしょうね…

でも自分は私服で撮影しました!

別にブログネタにしようとか思ってたわけじゃないんです。ただ単に撮影する時にスーツを着ていなかったんです。

ちなみに証明写真のプリントはピクチャンというサービスを利用しました。

ピクチャン

スマホで自分で撮影、プリントはコンビニコピー機という非常に便利なサービスで料金も200円とリーズナブル。

仕上がりも街角にある証明写真ボックスと素人目にはそんなに変わらないクオリティーなんですよね。


難点を上げるとしたら撮影場所でしょうか。


履歴書用の顔写真なので背景は白が望ましいですよね。

かつ綺麗でそこそこ明るい場所ってのが撮影場所に最も適してるんですが、そこを探すのがちょっと面倒くさいかもしれません。

自分はたまたま用を足すために入った小奇麗なオフィスビルのトイレを利用して撮影しました。トイレって割と壁が白なんですよ。

別にオフィスビルのトイレじゃなくてもイオンとかショッピングモールなんかでも良いんですけど、そういった場所って人の出入りが多くて撮影タイミングが難しいんです。

その点オフィスビルは人の出入りも殆どないですからね、撮影場所としては最適じゃないかなと思います。

明るさにやや難がありますが、その辺はうまいこと加工しましょう。明るく調整しすぎると全体的に白っぽくなるので程々に…ですね。


職歴・学歴について

さてどんどんいきましょうか。続いては職歴・学歴です。

期間工は学歴不問なので、自分の学歴をそのまま書けばいいでしょう。自分も変に詐称したりはしてませんしね。

職歴についてはバイトとか派遣については書いてませんね。他は普通に書いてます。

ただ転職回数が多くて入社と退職の年月日の記憶がイマイチはっきりしないので、その辺については被保険者記録紹介回答票を見て確認します。

被保険者記録照会回答票とは

被保険者記録照会回答票ってのは簡単に書くと

・雇用保険に入った日
・雇用保険から抜けた日


が確認出来る書類です。

自分の住所を管轄するハローワークか、自分の働いている会社を管轄するハローワークで手に入れる事が出来ます。

これを見れば職歴多くて全部を覚えてないよーって人でも全ての職歴を正確に書けますよ。


まあ履歴書の学歴・職歴に関しては前に被保険者記録紹照会回答票なんかを見ながらしっかり書いた履歴書をコピーして保管。

必要になったらそれを写すって感じ。一枚ちゃんとしたのを書けばあとは楽ですよ。

仮に期間工やめた後にどこかの会社の正社員に応募する…なんて場合にも使えますしね。

職務経歴書は提出するべきか

さて前項で職歴について触れましたので、それ繋がりで職務経歴書について書いていきましょうか。

自分は職務経歴書を履歴書と一緒に出していますよ。意外ですか?

といっても、転職回数が多すぎて履歴書に職歴が書ききれないので、職務経歴書に続きを書いているだけの話なんですけどね。

ただ職務経歴書には期間工として働き始めたところから書いているので、ある意味期間工への応募へ特化した職歴兼職務経歴書って感じになっています。

履歴書の職歴は

○○株式会社入社⇒一身上の都合により退社

といった簡単なものですが、職務経歴書に書いている期間工の職歴は、会社名から配属先、仕事の内容、在籍期間、退職の時期や理由まで結構詳しく書いていますね。

まぁ40代で普通に考えたら採用され難いのでこうやって対策してるってだけの事です。年齢が若くて採用の可能性が高い人は別になくても良いんじゃないかな。

志望動機について

志望動機は待遇が良いとか、そんな感じで実はあまりよく覚えていないんですよね。

逆に言うとよく覚えていないくらいのうっすい内容って事ですね。

多分

"待遇面に魅力を感じる"

とか

"自分の経験を活かせる職場だと感じた"

とかそんな感じだったかなぁ。

自分的にはこの辺の情報については履歴書への書き込みより面接で聞かれた時にどう答えるかの方が重要と考えてるんですよね。

そんな理由からこの項目についてはあまり力は入れて書いてません。

おわりに

ま、ここまで履歴書について書いてきましたが、期間工って比較的採用されやすい仕事だと思うので、あんまり深く考える必要ってないと思います。

一応自分のアピールしたいポイントについてしっかり書いておけばそれでいいんじゃないでしょうか。

自分の場合は期間工の経験について力を入れて書いてますが、未経験なら志望動機ですかね。

相手がそれに食いついてくれればもう合格したも同然だと思いますよ。逆に言えば食いついてくるぐらいガッツリ書くって感じですかねw

ま、そんな感じで期間工の履歴書については以上です。期間工へ応募する方の健闘を祈ります!


それではまた~

おすすめの記事