【メーカー別】期間工の記録

はいどーも、きろくがかりです。

先日、知人のAさんとトヨタ期間工の話をちょっとしたんです。


A『トヨタの期間工に応募したいんですよねー』

自分『あーそうなんですか』

A『入社祝い金で45万貰えるみたいですよ』

自分『うん、派遣会社通すと45万になるみたいですねぇ』

A『?派遣会社通すってどういうことですか?』



会話の内容はこんな感じでした。

自分はブログを書いていますし、次に働く期間工を募集している会社を常に探していますので、派遣会社を通して期間工へ応募し、採用されると祝い金が貰えるシステムってごくごく普通の事だと思っていたんですが、実際はまだまだよくわかっていない人が多いんだなぁと。

ちなみにこの知人Aですが、現役の期間工です。期間工歴は数か月なんで歴は浅いんですけどね。でも現役の期間工の人がこういう感じなんで、異業種から転職しようとしている期間工未経験者だとなおさらじゃないかな。

ということでこの記事ではトヨタ期間工を募集している派遣会社

・アウトソーシング
・日総工産
・man to man


上記3社の派遣会社ついてちょっと比較していこうかなと思います。

 2018年12月22日、各派遣会社の求人ページの祝い金情報を確認しました。

トヨタから支給される特別手当を含めた合計45万の入社特典について大きな変更が無かったので数字だけ調整しました。

それでは行ってみましょう。

アウトソーシングを経由してトヨタ期間工に採用されるともらえる祝い金について


出典:はたらくヨロコビ.com


派遣会社アウトソーシング!を経由して支給されるトヨタ期間工の祝い金については以下の通りです(2018年11月19日確認)

選考会参加…7万円(アウトソーシング)※
入社祝い金…28万円(アウトソーシング)※
※2019年1月末までに入社の方
特別手当…10万円(トヨタ)
支給総額…45万
注:()内は支給元

支給の内訳としては選考会参加費と祝い金がアウトソーシングからの支給。

特別手当がトヨタ本体からの支給です。

選考会参加費・入社祝い金の支給タイミング

ここまで選考会参加費・祝い金の金額について書いてきましたが、気になるのが支給のタイミングです。

実際にアウトソーシングに確認したところ、選考会参加費は選考会から2週間後で、祝い金は入社2か月後との事でした。

ちなみに派遣会社を経由せずにトヨタへ直接応募する事も可能ですが、そこで採用されても選考会参加費と入社祝い金の合計35万は支給されませんので注意してください。

求人詳細

日総工産を経由してトヨタ期間工に採用されるともらえる祝い金について


出典:日総工産(工場求人ナビ)


続いては日総工産を経由して支給されるトヨタ期間工の祝い金を見てましょう(2018年11月19日確認)

選考会参加…10万円(日総工産)
入社祝金…25万円(日総工産)
※2019年1月末まで入社の方限定
特別手当…10万円(トヨタ)
支給総額…45万 ※()内は支給元

支給総額45万で金額は以前と変わりません。

ただちょっと気になるのが選考会参加費についてですね。

日総工産の選考会参加費について以前は

・選考会参加費…5万円
・内定…5万円


金額は合計10万で変わらないんですけど内訳が上記のような記載だったんですね。

以前の表記だと選考受かると5万、落ちると5万なんですけど、現在の表記だと選考会に参加しただけで10万貰えるって書き方ですよね。

もしそうなら応募は日総が一番いいって事になりますが……ただ単に内訳を書いていないだけの可能性も十二分に考えられるので、その辺については派遣会社に確認が必要ですね。

求人詳細

man to manを経由してトヨタ期間工に採用されるともらえる祝い金について

出典:man to man


さて、最後にman to manを経由してトヨタの期間工に応募⇒採用された時に貰える祝い金についてみていきましょう

入社祝金35万円支給(man to man)
特別手当10万円(トヨタ)

総支給額…45万
※()内は支給元

支給総額は45万で同額ですが、選考会参加で〇〇円~といった支給がありません。

内訳が他2社と違いシンプルでわかりやすいですね。ただそれが良いのかと言われればちょっとわかりませんが…

求人詳細
中部・東海のお仕事探しなら【工場ワークス】
(検索窓に23921318を入力すると一発表示できます)

どの派遣会社が一番?


とりあえず以下が上記で書いてきた祝い金の内訳を表にまとめたものです。

派遣会社名 アウトソーシング 日総工産 Man To Man
選考会参加費
(合否不問)
70,000円 100,000円
(要確認)
なし
選考会参加費
(内定者)
なし 要確認 なし
祝い金 280,000円 250,000円 350,000円
特別手当 100,000円 100,000円 100,000円
支給合計 450,000円 450,000円 450,000円

内訳について簡単に説明すると、

〇 選考会参加費(合否不問)
…採用、不採用にかかわらず派遣会社から支給されます。採用されて辞退した場合は支給されません

〇 選考会参加費(内定者)
…企業選考会に参加し、採用が内定した人に対して支給。不採用の場合は不支給

〇 入社祝い金
…採用され入社した人に支給

〇特別手当
…入社月の翌月末在籍者に支給。こちらは支給元がトヨタなので企業へ直接応募した人でも支給される。

こんな感じです。

ま、この辺踏まえてどの派遣会社を経由してトヨタの期間工へ応募したらいいのかちょっと考えてみましょうかね。

man to manは拠点が少ない


まず初めにman to manです。man to manに関して祝祝い金総額は他社と同じですが、選考会参加費が無く祝い金のみの支給です。

派遣会社を経由して期間工へ応募する場合、

派遣会社へ登録

企業を紹介してもらう

企業面接


流れとしてはこんな感じになっていて、派遣会社へ訪問して書類書いたり、メーカーの選考会に足運んだりと何かと費用が掛かるんですよ。

しかもman to manの拠点って主に西日本が中心で、数も多くはないんですよね…

なので登録や選考会への交通費関係をフォローできる選考会参加費があると結構有難いんですが……ちょっと残念な感じです。

ただ選考会参加費って選考会に参加するだけでももえらるので、派遣会社から見て明らかに選に漏れるだろうと予想される人……例えば高齢の工場勤務未経験の人とか紹介してもらえない可能性が高いんですよね。

なので企業選考会へたどり着くまでのハードルは他社と比較して一番低いと思われるので、他社で紹介してもらえなかったら行ってみる価値はあるんじゃないかなと思います。

ブログに頂いたアウトソーシングへ応募した読者の方の感想を

続いてアウトソーシングですが、応募に関して祝い金の金額や内訳を考慮した場合、やっぱり日総かアウトかって感じですね。

アウトソーシングについてはネットで見ると、希望の仕事があるのにPEOや派遣を紹介される…なんて書き込みもあるんですよね。

実際どうなのかなと思っていたら、当ブログへ読者の方からアウトソーシングへ応募した感想を頂きましたので紹介しておきます。

先日、トヨタをお願いしたら結構不採用が多いなどグチグチ言われ、一年、PEOやって経験積んでから面接うけたらと…言われた。(一年後、祝い金あるんかな?)

それでも、トヨタの面接受けさせてくださいとお願いしたら企業内で選考してから紹介するかどうか判断しますので、後日に連絡しますと言われ、嫌な予感がしたら、次の日、アウトソーシングかトヨタかどちらかわかりませんけど、面接できないと拒否されました
(電話周りの同僚の笑い声でよく聞こえなかった)

トヨタ以外に他の企業も紹介もなく(申し込みでは、トヨタと他も書いたのですが…)PEOの話ww

未経験者は選考会参加費がない派遣会社か二つくらい他の派遣会社を受けないとダメですね…。

私はDENSOと本田技研を慌て受けて何とか今の時点で一社内定を頂きました。

未経験は紹介できないことがありますと、太字で書いてほしいですね!(営利企業だから受かる人しか紹介しない方が7万を払わなくてもいいですからね!)

他のブログを見ていても、他の候補も紹介してくれてるみたいですが私はPEOだけ笑

履歴書の書き方や面接の服装の話なし…

長文失礼しました。

http://kikanko.under.jp/2017/12/05/it-worked-impressions-mitsubishi-motors/#comment-1329


この方は期間工未経験者のようですね。

自分は

選考会参加費が設定されてる期間工募集案件は、未経験者だと紹介してもらいづらい

……と考えているんですけど、やはり選考会参加費が設けられているアウトソーシングは企業選考会へたどり着くまでちょっとハードル高そうな感じです。

ただ期間工経験者で44歳の自分が問い合わせした時は、相手からPEOの話や派遣の話など一切出ませんでしたので、やはり人によるといったところでしょうか。

選考会参加費が記載通りなら日総からの応募が一番

んじゃ残り一つの日総はどうなのか。

日総工産は47都道府県全てに拠点があり、大体どこに住んでてもとりあえず登録には行けます。

祝い金に関しても支給内訳の確認は必要ですが選考会参加費もありますしそれなりに高額です。

紹介についても以前日総で話を聞いた時に、

特に年齢や経験で制限する事はない
と話していましたんで、比較的容易に紹介してくれるんじゃないかな。


結論

総合的に考えると特に懇意にしている派遣会社が無いのであれば、まず日総工産に問い合わせて選考会参加費の内訳を聞き、その内容に応じてアウトソーシングから紹介してもらうか日総工産から紹介してもらうかを決めると良いかなと。

そこでだめならMan To Man(西日本限定)って感じで、いずれにしても一つでダメだったら他を回るくらいでやった方がいいかもしれませんね。

何処でもダメだったらあとは直接応募かあきらめるか…って感じですかね。別に期間工はトヨタだけじゃないですし。

どうしても愛知じゃなきゃダメな理由があるとしても愛知にはデンソーとか他に色々ありますし、もっと幅広げて考えるのもアリでしょう。

おわりに

以上でトヨタ期間工の入社祝い金についてはおわりです。

本文では触れませんでしたが、トヨタ期間工で半年働くと祝い金・満了慰労金などを含んだ給料外手当って94万になるんですよ。

祝い金45万+更新手当10万+満了慰労金39万

とまあ内訳はこんな感じです。


最近は三菱の祝金も下がってきてます。どっちかというと派遣にシフトしているのかな?


岐阜のパジェロ製造は祝い金はまぁいいんですけど応募してるのかなんだかはっきりしませんし…


という感じなので現在の東海エリアの祝金最高峰はトヨタですかね。

まぁ東海エリア以外にも期間工募集しているメーカーはありますんで、色々見てみるのも面白いと思います

関連カテゴリ

なおトヨタでは7月から家族手当を非正規従業員にも支給するなんて事を初めました。

祝い金なんてのは支給額に限界があると思うんで、最終的にはどの会社もこういった祝い金以外の基本的な待遇を上げてくるんじゃないかなぁ。

そういう意味では期間工バブルってむしろそこからがスタートな気がするんですよねー


わからんけど

おすすめの記事