マジオワークライセンススクールでフォークリフト技能講習を受けてきた ( 実技編 )

こんちわ!
きろくがかりです。

40代前半の自分が期間工としてあとどれくらい働けるのか結構不安。子供が成人するまであと7年くらいあるしね。その辺までは何とか働きたい所なんです。

その為には何らかの武器(防具?)が必要だよなーって事で群馬県太田市にありますマジオワークライセンススクール太田にてフォークリフト技能講習を受講する事にしました。

群馬県太田市近郊でフォークリフトの技能講習を実施している所を紹介します。スバルの期間工以外にも太田市付近でフォークの免許を取りたいって人には読んで欲しい。

前回はフォークリフト技能講習初日、学科を受講した体験談を投稿したんですけど

マジオワークライセンススクール太田でフォークリフト技能講習を受けてきました。今回は学科講習編です。

今回は技能講習2日目~4日目の実技講習と実技の試験について解説&感想を書いていきたいと思います。

それではどうぞ!

フォークリフト技能講習2日目

フォークリフト技能講習31時間コースの日程は全4日間のスケジュール。そのうち初日が学科、2日目~4日目が実技になっています。2日目に教えてもらえるのはフォークリフトの運転前点検についてと安全確認、それから基本的な操作方法って感じの流れです。

フォークリフトの運転前点検

フォークリフトの実技講習を始める前に必ず行います。点検する箇所を覚える必要も特にないので教官と一緒に点検個所を見ていきましょう。必要箇所の点検がおわるといよいよフォークリフトへ乗車する事になります。

安全確認について

フォークリフトでの作業は危険が伴うって事で実際に乗る前に安全確認を徹底して行うよう指導されます。

右ヨシ
左ヨシ

とそれぞれの向きを指差しつつ声に出して確認します。指差呼称って言われてます。

指差呼称はフォークリフトに乗る前に周辺。フォークリフトに乗り込んだ後に左右と前後。発進する前に左右の確認の際に行います。左右前後の確認は一時停止して再発進する時も行います。

そして一通りの練習を終えてフォークを降りる時にも左右の確認。その他だと運搬前の荷の状態を確認する時や、フォークの爪をパレットに刺して持ち上げた際のバランスを確認する時だったり、結構な頻度で使用します。

期間工として工場で働いていると指差呼称なんてのは日常なのでそんなに違和感ないのですが、あまりそういった事に慣れていない人はちょっと戸惑うかもしれません。まぁ何回もやっていれば、慣れて自然にできるようになると思いますが。

フォークリフトを実際に運転する

始動前の点検と安全確認が終わると実際にフォークリフトを使用しての練習を行います。フォークリフトの運転席はフォークを操作するレバーが付いているだけでほとんど車と変わりません。

でもそのフォークを操作するレバーが付いているだけでかなりの威圧感を感じるはず。自分は相当圧力感じましたw

もしかしたら自分と同じように初見でかなりの圧力を感じる人もいるかもしれませんので、臆する事の無いように、あらかじめ運転席の様子を画像で紹介しておきたいと思います。

フォークリフトの運転席

フォークリフト運転席画像

フォークの種類にはいくつかあって、その種類によって運転席の様子が違ってきます。画像はマジオワークライセンススクール太田で実際に使用している電動フォークリフトの運転席です。

1.チルトレバー
    マストの傾きを調整するレバー
2.リフトレバー
    フォークの上昇下降を調整するレバー
3.ハンドル
    車のハンドルと同じです。左側についているノブを左手で持ち操作します。右手は膝の上に置いておかなければいけません。
4.前後進レバー
    前後に移動する際に使用します。オートマチック車のDとRと同じです
5.サイドブレーキ
    サイドブレーキです。停止する度に使用します。
6.アクセル・ブレーキペダル
    技能講習ではアクセルを踏み込むような状況が無いのでアクセルペダルは殆ど使いません。基本的にはブレーキ操作だけになるんじゃないかな

チルトレバーの操作は重要ポイント

自分が実際に技能講習を受けて思った事なんですけど、チルトレバーの操作が結構難しいなと。

チルトレバーはマストを前傾・後傾、そして水平にする役割があるんですけど、そんなチルトレバーの操作でマストを水平にするのがなかなかできなかったんです。

水平をうまく出せないとパレットに爪を指す時にうまく入らなかったりしますし、実践でも水平を出せないと結構厄介です。何度も何度もやってれば慣れてちゃんとできるようになるとは思うんですけど、技能講習中は受講人数によって乗れる回数も限られます。

なので実際に職場などでフォークに乗る機会があって免許を取りに来たって人は、ここでちゃんと水平を出せるように確認しながら繰り返し練習しておいた方が良いですね。

フォークリフト技能講習で使用する練習コース

マジオワークライセンススクール太田では最初から以下のようなコースが床にペイントされています。

フォークリフト技能講習実技コース

初日はこのコースを利用して前進したりバックしたり

フォークリフト技能講習実技練習ルート1

周りを一周したり

フォークリフト技能講習実技練習ルート2

S字クランクの前身後退を行ったりの基本的な運転の練習を行います。

フォークリフト技能講習実技練習ルート3
練習の序盤は上記のようにとてもシンプルなんですけど、少しずつ走るコースが変化しやる事が増え実技試験の内容に沿ったものに変化していきます。そして最終的には以下のようなコースを練習します。

複雑になってくる練習コース

フォークリフト練習コース最終形態

1.A地点からスタートして左折。パレット置き場aに置いてあるのパレットを持ち上げる



2.パレットを持ち上げたままバックしてスタート地点Aに戻る
3.Aから再びスタートしS字クランクを経由しパレット置き場bにパレットを置く



4.パレットを置いたらバックしてB地点へ
5.B地点から再スタート。左折しパレット置き場bに置いたパレットを持ち上げる

6.バックでB地点へ戻る
7.S字クランクを経由してパレット置き場aにパレットを置く
8.バックしてA地点へ戻り終了

この練習はフォークリフトを前後左右に移動させるのは勿論、パレットを持ち上げたり置いたりの基本的動作、パレットを持ち上げたり、置いたり、停止・発進の際にしっかりと安全確認を行わないといけないませんので、内容は今までの総集編みたいな感じになっています。

把握しておきたいフォークリフトの挙動

練習をやっていくとわかると思うんですが、フォークリフトの操作に関して前進や後退といった直線的な動きは特に難しく感じる事はありません。問題はコーナリングなんですよね。

フォークリフトは後輪操舵。ハンドルを切ると後輪が動くので曲がる感覚が乗用車のそれとは全然違うんです。文字で表現すると難しいんですが…例えば左にハンドルを切るとフォークリフトの後ろが右に円を描くように動き、右だとその逆。イメージとしては後輪が滑るというか、ドリフトしてる感覚っていうとわかりやすいかなぁ。

自分も感覚をつかむまでちょっと時間がかかりましたんで、実際に乗って体感するのが一番なんですけど、実技の講習を一緒に受ける人数によっては満足に乗る事が出来ないかもしれません。

そんなわけでフォークリフトの挙動を乗らずに確かめる事が出来るフォークリフトのゲームアプリを紹介したいと思います。

Extreme Forklifting 2でフォークリフトの挙動を確認する

extremeforklifting2スクリーンショット
Extreme Forklifting 2-Google PlayのAndroidアプリ

上記で紹介するのはExtreme Forklifting 2って無料のアプリ。

フォークリフトを操作して指定の荷物を指定の場所に移動する実にシンプルな内容のゲームです。実際にプレイしてみた感想は結構動きがリアルだなーと。操作もチルトレバーが無いだけで殆ど実車に非常に近い仕様でして。

自分がフォークリフト技能講習を受けた時、自分を含めて人数が2人だったので待ち時間ってのがほとんどなかったんですけど、同時受講者数が10人とかになってくると、他の人の練習が終わるのをただ待ってるだけなので、その空き時間を利用してシミュレーションがてらプレイしてみるのもいいかなと思いました。

ちなみに上記はandroid版へのリンクです。iPhone版があるかどうかちょっとわからないので興味のある方は調べてみてください。

パレットに対して正面かつ左右にズレなく進入できるかどうかがカギ

また、練習コースの最終形態ではパレットを持ち上げたりおろしたりする作業が加わるんですけど、パレット置き場の台の上には枠線が引いてありまして、持ち上げたパレットはその枠線内に置かなければいけない事になってます。

なのでパレットを持ち上げてパレット置き場に向かう際に、パレットがパレット置き場に対して並行になるように進入していかないと、枠線内に収めるために直前の細かいハンドル操作が必要になってパレットを置くまでに時間がかかるんです。進入の際にコースの左側に寄りすぎたり右側に寄ってたりしてても同じく微調整が必要になって面倒です。

実際の現場でも持ってきた荷物を置く場所の左右に余裕がないなんて事は普通にありますし、どっちかというと余裕があるって事の方が少ないので、ここではパレット置き場に対して持ってきたパレットが水平に、そして左右どちらかに偏らず進入出来るように意識してやった方が後々良いんじゃないかと思います。

そんな感じで重要ポイントを意識しつつこのコースでの練習を終えると次はいよいよ実技試験。フォークリフト技能講習のクライマックスですw

フォークリフト技能講習実技試験

フォークリフトの練習コースを一通り走ると最後に待っているのは実技試験です。スケジュール的には技能講習最終日の午後位から試験を行います。

フォークリフト技能講習実技試験概要

フォークリフト免許を取得する為の最後の関門、実技試験は減点方式で行われます。合格の条件は下記の2点です。

・持ち点100点のうち70点以上
・10分以内でのコースクリア

減点対象となる行為は色々あるんですけど注意するべき点としては

・車体が障害物に接触
・車体がコース外にはみ出る
・荷物の急下降
・パレット置き場に置いたパレットが指定された位置から大きくズレる

この辺がそれぞれ‐5点と大きい減点行為となっています。またコースクリア条件の10分を過ぎると一発不合格です。

とはいえおかしい所があれば練習コースを走る時に指導してもらえますし、10分以内のコースクリアって条件も、練習コースをそれなりに走れれば特に問題なくクリア出来ると思います。

フォークリフト実技試験のコースについて

さて気になるフォークリフト実技試験のコースとルートですが、コースは今までの練習コースと同じです。ルートに関しては以下を参考にしてください。

フォークリフト技能講習実技試験コース

A地点からスタートし
パレット置き場aのパレットをとる

バックでA地点へ

A地点から再スタート
パレット置き場bへパレットを置く

パックでB地点へ行き試験終了


コース説明でわかる通り、実技試験は練習コース最終形態のルートの半分です。次の人はB地点がスタートで逆のルートを走行しA地点に戻って試験終了です。

フォークリフト技能講習の実技試験に絶対役立つ動画の紹介

これから実際にフォークの免許を取ってみたい。またこれから実技試験を受けるって人に自分の体験から何かアドバイスが無いかななんて考えたんです。でも正直フォークの運転とか言葉で色々伝えるのはちょっと難しいなと。そんなわけで参考になる動画はないかな…とググってみたらありました

以下の動画は航空組合が主催する空港フォークリフト操縦者の技術を競う競技会の模擬演技の様子が収録されています。

試験とは無縁と思われるその大会ですが、動画を見てもらえればわかりますけどコースとその内容がフォークリフト技能講習の実技試験と殆ど同じ。違いは安全確認のやり方くらいなんですね。

なのでこれからフォークリフトの免許を取ろうって考えてる人に絶対に役経つだろうと思い貼ってみました。



ちなみに動画の模擬演技では実技試験と全く同じコースと内容を約2分でクリアしています。一応自分も実技試験を受けましたがタイム的には約7分程かかりました。圧倒的な差ですw

試験終了~免許証の交付について

そんなこんなで試験が終わります。大きな減点行為にさえ注意していれば大抵の場合は合格するでしょう。自分も一応実技試験に合格しました。

合格後に発行されるフォークリフトの免許証ですが、マジオワークライセンススクール太田ではその日のうちに交付されました。なのでフォークリフトの運転はその日の夜からでも可能です。スピーディーでいいですね。

実技についてまとめ

今回マジオワークライセンススクール太田でフォークリフト技能講習を受講して、学科と学科試験、実技の練習と実技試験について書いてきました。

実技に関して重要なポイントをまとめますと

水平を一発で出せるようチルトレバーを操作する事

フォークリフトでコーナーを曲がる際の挙動を把握する事

対象の荷物(パレット)及びパレット置き場に対して水平かつ通路の左右に寄り過ぎないよう中央をキープする事


上記3点はフォークリフトの実技試験は勿論、実際に現場でフォークリフトを運転して作業する上でも重要になってくるポイントなので出来れば受講期間中にしっかりと身に着けておきたい所です。ちなみに自分はと言いますと殆ど出来ていませんw

ま、そんなレベルでも試験には合格しますんで安心してください。

おわりに

最後にマジオワークライセンススクール太田でフォークリフト技能講習を受講した感想ですが、設備や講師の教え方など総合的に考えてマジオワークライセンススクール太田を選択して良かったなと。

フォークリフト技能講習を受ける前、職場の人から

実技を指導する教官の中には怒鳴り散らしたりする人もいる

なんて脅されたりして受講前はちょっとビビってたんですけど、実際は全くそんな事無く学科も実技も非常にリラックスして受講する事ができました。そんな雰囲気の教習所なので、特に女性の方にはマジオワークライセンススクール太田での受講をオススメしたいですね。

最近では様々な職場に女性が進出していて、自動車工場も例外ではありません。実際にスバルの大泉工場でもフォークリフトを操作している女性もいますし、かつてマツダの期間工として働いていた時もフォークを操作している女性の方を見かけましたし。

過去に職場で女性の従業員と一緒に働いた事はありますが自分は男なので基本的に詳しくありません。それなのに女性期間従業員について書こうと思ったのにはちょっとした理由があります。 その理由については後...
自分から見たマツダの女性期間従業員の仕事や寮などについて書いてます。

もし何か質問などありましたらコメント欄にでも書き込んで貰えれば自分のわかる範囲であれば答えます。


それではまた!

コメント

  1. 匿名 より:

    現場で大袈裟に腰痛を訴えれば回されるんじゃないですかw

    • きろくがかり より:

      >匿名さん
      コメントありがとうございます。

      自分は結構体が丈夫な方なんで腰痛の経験ってないんですよね…

      まぁオカルト的発想であれなんですが、あまりあちこち痛いって大げさに口に出すと本当に痛くなりそうだし、万が一本当に痛くなった時に信用されなくなりそうなので、その辺は最後の切り札に取っておこうと思いますw

  2. イボ痔 より:

    物流に配属される割合自体が少ないせいかフォークリフトネタはどこも驚くほどに反応が薄いですね。
    おそらく期間工全体で見ればフォークリフト作業者の割合は女性期間工の割合と同じくらいに少ないのかも・・。

    • きろくがかり より:

      >イボ痔さん
      コメントありがとうございます。

      まあそうですね、瞬間的な盛り上がりには欠けますねw

      でもフォークリフトの実技試験の内容については日本全国共通ですし、多分このまま大きな変化は無いと思うので、毎日少しでも見てくれる人がいてくれればまぁ良いかなくらいに思っています。

      自動車会社の期間工の大半はライン作業の工程に回されるでしょうから、期間工のフォークリフト作業者の割合っておっしゃる通り少ないと思います。全体のどれくらいでしょうかね…全体の1パーセントくらいかな…