水分補給にステンレスボトルが役に立つ。スバル期間工の熱中症対策。

連休に入る前の事なんですけど、朝礼でGW明けからポカリスエットの提供がスタートするっぽい話をしてたんですよ。んで帰り際に班長のデスクをちらっと見たらポカリの粉末が数袋置かれてたんです。

GW明けから予想最高気温30度オーバー

具体的にどのタイミングで提供が開始されるのかってのはわからないんですけど去年のブログ記事では6月頃に提供がスタートしているので今年はちょっと動きが早いなと。

6月すねー! さて、スバルではこの時期、多くの部署て恒例のポカリ水が各部署で展開されてるはず。ポカリって言ってもペットボトルとかじゃなくて粉ですね。それを溶かして一日分をタンクに用意...

少し気になったのでネットで群馬県の2017年5月の予想気温をググってみると…

5月8日|晴れ|16.8℃|29.1℃|5.8℃
5月9日|晴れ|17.0℃|30.6℃|4.8℃
5月10日|晴れ|17.1℃|31.4℃|6.1℃
5月11日|晴れ|17.2℃|30.0℃|6.2℃
5月12日|雨|17.3℃|31.7℃|5.9℃
5月13日|晴れ|17.4℃|36.5℃|5.0℃
5月14日|晴れ|17.5℃|32.5℃|6.0℃
5月15日|雨|17.6℃|29.2℃|5.3℃

5月の群馬の天気出現率 – goo天気


5月8日から5月15日を転記しました。左から日付/天気/予想平均気温/予想最高気温/予想最低気温/の並びになってますけど予想最高気温が軒並み30度越え…これはポカリの出番が早めになるのもわかる気が。

スバル期間工の水分補給はポカリスエット

水分補給女子

自動車製造工場に限らず工場ってのは基本暑いです。工場内ではこの時期になると熱中症でダウンする人をよく見かけますが熱中症予防の一般的な対策はこまめに水分を補給する事。その為スバルの工場では各班、もしくは工程にジャグタンクが設置されその中にポカリ水(あえてポカリとは表現しない)が用意されます。


注)画像はイメージです。

作業中の水分補給にはステンレスボトルを利用しよう

ジャグタンクに入れたポカリ水をどのように利用するのかというと大体タンク脇に紙コップなんかが置かれているので休憩時間にそれを使って飲む感じです。

またペットボトルなどの水分を持ち込める工程に関してはペットボトルのドリンクを用意して各自持ち込んでいたりします。ただそれだと月ベースで結構な出費になりますので多くの人はステンレスボトルを用意してジャグタンクのポカリをそれ入れ工程に持ち込んでる感じですかね。

購入の際は開口部広めの物を

ジャグタンクにポカリ水を作る際、氷を入れるので基本的には出来立てのポカリ水はつめたいのですが、工場内温度の上昇とともに氷が溶けてぬるくなってしまいます。

しかしステンレスボトルを持っていれば冷たい状態のポカリ水を入れる事でしばらくは冷たいまま飲めますし、ついでにジャグタンク内の氷をいくつかステンレスボトルに入れる事でより一層保冷効果は高まります。

ただジャグタンクに入っている氷はキューブ状でそこそこ大き目なんですよね。なのでステンレスボトルの経口が小さいと氷が入らないんです。今現在自分はスバル大泉工場で働いていますが本工場でも同じ感じの氷を使ってましたのでおそらくすべての工場で同じサイズの氷を使用してるんじゃないかな。休憩所には冷蔵庫がありますけど、その冷凍室で作ってはいないのでどこからか仕入れているのかも。

まぁその辺はどうでもいいんですけど個人的には飲むなら冷たいのを飲みたいので、自分はは氷を入れる事ができる開口部が少し広めのスレンレスボトルを購入して使用しています。

直接口をつけて飲めると水分補給が楽

また工場で使用するステンレスボトルの形状としては直飲みタイプがオススメ。作業工程によっては水分補給ですらスピーディーに行わないといけない所もあるんで買うなら直接口つけて飲めるタイプ一択ですね。

残念な事に自分が買ったステンレスボトルは直接口をつけて飲めるタイプじゃないんです。開けてフタに中身を注いで飲むタイプです。一応使える事は使えるんで良いんですがやっぱり開けてそのまま飲めると楽だし便利だなーって思いますから。

DOSHISHA (ドウシシャ) 内面テフロン加工 マグ ボトル 真空断熱 ワンタッチ式 0.5L ブラック DBHOB500BK
by カエレバ

節約にもステンレスボトル

寮に帰ってから水分を一切取らない…なんて人はあまりいないと思います。寮の洗面所には水道がありますけど、それ飲む人はあんまりいなくて基本的にはペットボトルの水やお茶を買ったりして対応しているんじゃないかなと。

ポカリの提供がスタートして手元にステンレスボトルがあれば仕事終了後にポカリをステンレスボトル満タンにして自室に持ち帰れば部屋で飲む水やお茶は通常の半分くらいで済みます。

さらにコンパクトな1リットルサイズの空ペットボトルを用意して、朝の早い段階でポカリをそれに満タン入れた後、休憩所の冷蔵庫で冷やして仕事が終わったら寮へ持って帰れば部屋で飲む水やお茶を買う必要が全く無くなり結構な節約になります。

おわりに

自分としてはステンレスボトルはGW以降にスバルの期間工として入社するなら必ずと言っていいほど用意しておくべき重要アイテムと考えてます。Amazonや楽天で買っても別に良いんですけど、多少荷物が増えますが入社手続きを終えたら太田駅前のドンキにでも行って実物を手に取り使用感を確認して購入するのも良いかなと。

群馬はこれから徐々に暑くなってきますんで熱中症には当然注意しなくちゃいけないし、GW明けにスバルの期間工として入社する方は入社時研修でもその事について説明されるでしょう。繰り返しますが群馬は本気で暑いです。これからの季節に入社される方は体調管理に十分注意してください。


それではまたー