良質な期間工情報はランサーズやnoteを活用して有料で提供しよう。

ヤフオク給料明細 http://page14.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s505927806

少し前の話なんですけどヤフオクで警察官の給料明細が出品されてました。落札価格は100000円とちょっとびっくりな金額です。

良質な期間工情報や給料明細なら売れるんじゃね

最近は期間工の総合サイトだったりブログも増えてきてます。期間工総合系は基本的に運営者が全ての自動車会社の期間工として働いた経験を持っている訳ではないので、サイトやブログに掲載する情報は、様々な手段を用いて集めなければいけません。

ちょっと前なら2chやその辺の更新しなくなったブログから適当に画像やら記事を引っ張ってきてペタペタ記事に貼って終了~でも良かったかもしれませんが、今は昨年末に話題になったWelqの問題で転載系まとめサイトへの風当たりが強くなっていて、おまけにそれに絡んだGoogleの検索アルゴの変更もあり、期間工総合系サイト・ブログの情報収集にも変化が出てきました。

期間工の情報を金銭でやり取りする

先月位だったかな?ランサーズってホームページ作成やロゴデザイン、ライティングなどの仕事を依頼したり受注したりできるクラウドソーシングのサイトがあるんですけど、そこに期間工の記事作成依頼の案件が出てました。



クラウドソーシング「ランサーズ」



月10本ほどのボリュームで1本につき3000文字程度の記事。報酬は30000~。期間工の仕事内容や寮の様子だったりと期間工にまつわる話題で、引用ありきの記事は不可、完全オリジナルの記事を作成してください…って依頼内容だったかなぁ。

自分の場合は直接の記事作成依頼とかあったりもします。今までで依頼はほんの数件なんですが、ちょっと余力も文章力もないのでお受けしていないのが現状ですけど、まぁそんな感じで巷では期間工情報を有料でやり取りしているケースをいくつか見かけます。

期間工の情報を売るならnoteかな

ランサーズには他にも色々作業依頼があって

“工場で働いた経験を1000文字程度で書いてください”

とか、身近な経験を文章にする事で換金出来たりと、暇なときに探すとなかなか面白いんですけど、基本的に依頼が無ければ記事も書けないのでどっちかというと受け身な感じです。

なので俺はもっと攻めの姿勢で行くぜ!ドラクエのAIは常に“ガンガン行こうぜ”だ!って感じのアグレッシヴな人だったらnoteを使うって手もあるかなぁ。

イマイチマイナー感が拭えないnoteだが

note ――つくる、つながる、とどける。トップページ https://note.mu/

2014年くらいに始まったサービスで、ブログのように記事を無料で公開する事も出来るし有料で販売する事も出来ます。ちょいちょいサンプル的な無料公開の記事を書きつつ、給料明細の記事だったり赴任から面接だったり配属された工場の雰囲気だとか、あまり表面に出てこない部分を記事にして有料にするってのが方法としては一番いいのかな?

サンプルがあれば文章・構成力もなんとなくわかるだろうし、さらにnoteの月額500円のプレミアムサービスに加入すると利用できる記事の限定販売機能を使い、1点ものにして転載許可を出しておけば期間工総合系のサイト運営者なら買うかもw

値段としてはランサーズで募集していた期間工情報についての記事作成の報酬が月10本の1記事3000文字、報酬が30000円って事だったので、一文字1円をを基準にして設定する感じ?

ちなみに決済はクレカかケータイ払い。個人間での金銭授受がないから個人情報を知られる恐れもないので、個人ブロガーが身バレ防止の為に絶対に手を出さない“自分が働いている工程の仕事内容”だとか、そんなギリギリの所まで書けるかもよ。

ただnoteは余りメジャーなサービスじゃないし、これから大きくしていこうとかそんな感じで広告だしてユーザーを集めようとしている動きもないんですよね。だから販売しようとしている記事はTwitterなんかでひたすら宣伝が必要。なので自分の記事を積極的にガンガン宣伝できるアグレッシブな人向けの方法って感じで紹介してみました。

実際に売れるのか?

ここまで書いておきながら実は登録しているだけで使った事が無いもんで、実際にどうかと聞かれるとちょっと分かりませんwでも登録は無料だしプレミアムサービスに加入しなければコストはかからないので損はしないでしょう。

さいごに

期間工の総合系ブログって発信元がはっきりしなかったりして、自分はちょっと情報としては不安な印象を受けるんです。

けど、上記のように現役期間工だったり経験者にランサーズや直接連絡をとってライティングを依頼したりするなど、しっかりとした情報を収集しようとするブログやサイトもある事はあるんで、一概に総合系がダメって事はないって所がネット情報の難しさですかね。

とりあえず需要があるんだったらもっと供給があってもいいんじゃない?って考えて今回の記事を書いてみました。自分の経験が換金できるんで、まぁお手軽な副業って所です。

しかし自分の副業関連の記事って流木拾いだったり日雇い派遣だったり、どうしても小銭稼ぎレベルで終わってしまう。スケールちっさいなぁww