ども~きろくがかりです。

期間工として働くためには、

期間工を募集している会社の求人に応募する方法

派遣会社に登録して期間工をを募集している会社を紹介してもらう方法

大きく分けて2通りあります。

それぞれにメリット・デメリットがあるんですけど、応募する人の多くは結構高額な入社祝い金を貰える派遣会社経由で期間工として働く方法を選択するんじゃないかなと思うんです。

んでその入社祝い金ですけど、気になるのは支給タイミングや支給の条件ですよね~

そんなわけで今回は、期間工jpやはたらくヨロコビを運営し、登録者に対して期間工を募集している企業の紹介を行っている派遣会社

アウトソーシング!

の入社祝い金について書いていきたいと思います。

この記事は2017/1/25に公開した

アウトソーシング!を経由してスバル期間工に採用されると貰える入社祝い金はいつ振り込まれるのか?

を2018/5/22にタイトル変更、内容も大幅にリライトしたものです。

アウトソーシングを経由して入社した期間工へ支給される入社祝い金の入金タイミング



自分が初めてアウトソーシングを利用したのは2015年5月、マツダへ期間工として入社した時ですね。

その時の支給タイミングは入社から約1週間後ほど。指定した口座へ振り込まれ、振込名義人はORJ。

その後マツダを半年で満了し、スバルへ再びアウトソーシングを利用して応募し、なんとか無事に採用されて入社祝い金もしっかり振り込まれました。

支給タイミングはマツダの時と同様に入社から約1週間後位。振込名義人はアウトソーシング!でした。


その辺を踏まえると、タイミングとしてとりあえず入社から約1週間位を目安には振り込まれると考えて良いんじゃないでしょうかね。


ただこの文章を書いているのが2018年5月、自分がアウトソーシングから祝い金を貰ったのが2015年なんです。

初アウトソーシング利用から3年も経過していますので、2018年現在も同じようなタイミングで支給されるかどうかは不明。

入社祝い金自体も過去に自分が貰った金額と比較すると2倍以上になって状況は大きく変わっていますし、もしかしたら2週間とか、1カ月とか間空くかもしれませんし、分割支給なんてのもあるかもしれません。

でもまぁ支給されるのは間違いありませんので、もしも赴任した後の生活費がちょっと不安だなと感じる人はあらかじめ派遣会社に確認しておきましょう。

アウトソーシングから支給される祝い金は一人一回

とまぁそんな感じで自分はアウトソーシングから過去に2回入社祝い金を貰っています。

一応今後も期間工を続ける予定ですから、もしかしらいつかまたアウトソーシングを利用する機会があるかもしれませんね。

まぁ採用されるかどうか怪しい年齢になってきてはいるんですけど、もし採用された場合、前と同じように祝い金は支給されるのかどうかちょっと気になったので、数日前に

過去にアウトソーシングを利用した人が、再度アウトソーシングを利用した場合、入社祝い金の支給対象になるのかどうか

をアウトソーシングに電話して聞いてみたんです。

んでその回答なんですけど、どうやら入社祝い金は一人一回までになったみたいで、過去にアウトソーシングから入社祝い金の支給実績がある人はもう貰えないみたいですね…残念。

おわりに

期間工の仕事を紹介してくれる派遣会社はいくつかありますが、その中でもアウトソーシングは祝い金の金額が大きいんですよね。なのでそこからもう貰えないって事実が分かった時はちょっとショックでした。

でも最近は直接雇用の期間工以外…例えば派遣工にも祝い金があったり、寮費無料だったり、直接応募でも企業から支給される祝い金があったりと、選択肢が広がっています。

当ブログでは自分のメモ的な感じでよさげな求人情報や祝い金についての記事をちょいちょい書いていますが、今まで以上に幅広く情報を収集する必要がありそうですね。

まぁ良さげな求人を見つけたらまた記事にしていきます。

関連 期間工情報・祝い金まとめ

それではまた!

工場ワークスで仕事探し
おすすめの記事