平成28年分の源泉徴収票と3年間の期間工生活で得た収入まとめ

お久しぶりです!底辺期間工ブログのきろくがかりです。前回の更新が1月19日だったんで5日ほど間空きましたので、もう誰も見てくれてないんじゃないかと思いきや、コメントなんかも頂いちゃったりなんかしてほんとありがとうございます。

平成27年 給与所得の源泉徴収票

さて先日源泉徴収票が手元に届きました。スバルって遅いんですよねw

平成28年分給与所得の源泉徴収票

支払金額:4322200円
給与所得控除後の金額:2916000円
所得控除の額の合計額:1293004円
源泉徴収税額:82800円


源泉徴収票の支払金額から社会保険料等の金額と源泉徴収税額を引いた金額が平成28年に手にした金額で約370万位。ここから住民税を引いた金額が手取り年収です。最終的には350万位になるのか。

なお一年間でもらった各月の給料明細については下のリンク先にまとめています。月の給料額の他、自分の経験を元に夏季・冬季の休暇手当や満了金の他、派遣会社経由で貰える入社祝い金等の入金タイミングなんかも書いています。

個人的にはスバルの期間工を検討されている方には結構役立つ内容になっていると思いますので確認してみて下さい。

スバルの期間工として働いた2016年度の給料額を時系列でまとめてみました。派遣会社からの貰える入社祝い金の振り込み時期やスバルが直接支給する各種手当の支給タイミングなんかも合わせて書いています。

期間工生活を3年間送って得た収入

当ブログでは過去の源泉徴収票をアップしていますので、その辺の内容を踏まえて期間工生活を3年送ると収入的にはどんな感じなのか書いてみます。3年間のうち半年はマツダにいたのでまるっとスバルの収入ではないですけどね。まぁ参考までに。

3年間の収入と手取り額

総支給額の推移はこんな感じです

平成26年:4694673円
平成27年:4431234円
平成28年:4322200円

スバル期間工の2014年度源泉徴収票をアップしています。スバルは日給が変わっていないので、残業時間や休日出勤の頻度さえ似ていれば同等の金額になります。スバル期間工の年収が気になる方は参考になるかと
平成27年 給与所得の源泉徴収票 支払金額:4431234円 給与所得控除後の金額:3002400円 所得控除の額の合計額:1164353円 源泉徴収税額:93800円 ...

支給総額は3年間合計で13448107円で、ここから手取りを計算たいのですが住民税が分かる資料が手元にないので、ざっくりと支給総額に80%をかけて計算すると10758485円。この辺の数字が期間工生活3年間の手取り収入って感じになります。

収入が減少傾向にあるのは危険フラグか

上記数字を多いとみるか少ないと見るかは人それぞれなんですが、独身なら十分でしょう。ただ自分のように地元に家族を置いて出稼ぎで稼ぐ目的の人には物足りないんじゃないかな?

今年の5月で期間工生活5年目に突入しますが、収入は平成26年をピークに緩やかに下降してます。月30万は欲しい自分としては現状はギリギリ。そこまで体に負荷がかからない仕事内容なので、その辺を考慮して何とか許容できるかなって感じ。50まで期間工で働いて家族を養おうなんて考えてましたがぶっちゃけ多少の危機感はありますね。

おわりに

期間工ブログを運営されている方で月収や年収を公表されている方はたくさんいますし、これから自動車会社の期間工として働いてみようと考えてて、それら数字を参考に検討されている方は結構いるかもしれません。

数か月の短期間なら直近の給料額だけで働く自動車会社を決めるのもアリですが、2年11か月フルで働くつもりなら、今現在の給料額だけじゃなく数年間の大きな流れをみて選ぶ事も大切なんじゃないかなと思い今回記事を書いてみました。

期間工として働く目的はさまざまだと思いますが、とりあえず身体が資本なんで健康には十分注意して頑張ってください!それではまた