出典:はたらくヨロコビ.com

ども

きろくがかりです。

期間工へ応募する際は派遣会社を経由して応募すると入社祝金なる一時金を貰える場合があってとってもお得です。

でも、あまり期間工になじみのない方だと、派遣会社ってどの派遣会社に応募したらいいかよくわからないんじゃないかと思います。

当記事では広島、そして山口県防府のマツダ期間工について派遣会社別に祝い金の情報を比較し、どこへ応募するとベストなのかを書いています。マツダ期間工へ応募する際の参考にしていただければと思います。

内容については2018年10月7日確認分で新しい内容となっていますが、祝い金って結構頻繁に変わりますので最終的には各派遣会社の公式ページで確認して頂ければと思います。

アウトソーシングが支給するマツダ期間工入社祝い金

ちょっとPCでは画像が見づらいんですけど、2018年10月7日現在、アウトソーシング(ORJ)が支給するマツダ期間工の入社祝い金は以下のような内訳になっています

  • 選考会参加費:10万
  • 入社祝い金:20万
  • 合計:30万

この30万にマツダ本体が支給する入社祝い金15万が加算されて入社特典45万となる訳です。

日総工産が支給するマツダ期間工入社祝い金

日総工産が支給するマツダ期間工の入社祝い金の内訳は以下です。

  • 選考会参加費:2万
  • 入社祝い金:28万
  • 合計:30万
こちらもアウトソーシング!同様に、派遣会社(日総工産)が支給する入社祝い金に、マツダ本体が支給する入社祝い金15万が加算されての入社特典45万です。

man to manが支給するマツダ期間工入社祝い金

man to manが支給するマツダ期間工入社祝い金

出典:man to man


  • 入社祝い金:30万
  • 合計:30万
man to manのマツダ期間工求人情報

マツダ期間工、経由する派遣会社はどこがいいのか?

ここまでアウトソーシング(ORJ)、日総工産、man to manの3社が支給するマツダ期間工の入社祝い金について書いてきました。

金額的にはすべての派遣会社横並びなんですけど、内訳や対応に若干の違いがありますので、ここからはその辺についてちょっと書いていきたいと思います。

選考会参加費で選ぶ

マツダの期間工へ応募し採用されると派遣会社+メーカーから祝い金総額45万が支給されるわけなんですけど、派遣会社支給の祝い金の中に選考会参加費って項目があります。

選考会参加費ってのは派遣会社に登録し、マツダの面接に参加した人に対して派遣会社が支給するお金で、採用されればもちろんもらえますが、不採用でも貰えるお金です。

マツダの場合、日本全国47都道府県で企業面接を行っているわけではないので、場合によっては企業面接を受けるためだけに新幹線などの交通手段を利用しなければいけないケースもあります。

その際の交通費ってのはマツダからは支給されないので、この選考会参加費ってのは、企業面接の交通費位に考えるとわかり休んじゃないでしょうか。

ちなみに人合格したけど都合により辞退しなきゃいけなくなった…なんて事もあるかもしれませんが、この場合は支給対象外のようです。

そんな選考会参加費の金額ですが、各社の設定金額は

・アウトソーシング:10万円
・日総工産:2万円
・man to man:0円


となっています。

金額だけ見るとアウトソーシングが頭三つくらいとびぬけてますね。日総は2万円、man to manにおいては0円となっています。

金額だけ見るとアウト経由での応募が最もいいような気がしますが、選考会参加費0円のman to manもなかなか侮れない所がありまして。

man to manを経由してマツダ期間工へ応募した方の感想


man to manの侮れない部分については当ブログの読者さんから頂いたコメントを見て頂ければわかると思います。

私が今回man to manへお願いした理由は北海道から品川まで企業面接にかかる費用をすべてman to man側が負担、採用された場合は祝い金全額を別に支給と遠隔地からマツダへ行く際の条件が1番良かったからです。

派遣会社への登録も北海道まで名古屋man to manの担当者が来てくれて企業面接で行うピン差しテストや学科の模試みたいな事をやりました。

採用決定後も入寮当日に北海道からの出発だと間に合わないため前日から広島入りしたのですが、その際も広島man to manの担当者が広島駅までお迎え、ホテルも用意してくれて翌朝ホテルでお迎え、入寮先まで送ってもらえました。

参考までにお伝えします。

【質問】おすすめの期間工と派遣会社を教えてください(コメント欄)


どうやらman to manは面接の交通費が全額支給との事で、且つ入寮の際に前泊が必要な場合はホテルも用意してくれるらしく、結構なVIP待遇です。

自分の現状に合わせて臨機応変に選ぼう


とまぁこんな感じでどの派遣会社も色々と考えているみたいで、個人的な結論から言うと、やはり自分の現状に合わせて派遣会社を選択するのがベストなのかなと。

派遣会社を経由してマツダの期間工へ応募するには

・派遣会社へ登録
・企業面接

上記2ステップが必要になる訳ですから、それを踏まえると

登録する為に営業拠点がそこそこ近くにあって、企業面接の会場もそんなに遠くなりならアウトソーシング。

ただ、アウトソーシングの場合、選考会参加費が高額な為、年齢的なものだったり経験によっては紹介してもらえないケースがあるようなので、とりあえずアウトにいって断られたら日総工産に行く感じでしょうか。

man to manに関してはコメントで頂いたように、派遣会社の担当者が出張面談に来てくれるみたいですし、企業面接会場までの交通費が全額負担ですから、住んでる地域の近くにアウトソーシングも日総もなく、企業面接の会場までもかなり遠いって人には良いんじゃないかなと思います。

個人的には以前マツダへ応募した時にお世話になりましたし、対応も良かったのでアウトソーシング(ORJ)を推したい所ですけどね。

マツダ期間工募集ページ(本社工場)|アウトソーシング!
マツダ期間工募集ページ(防府工場)|アウトソーシング!

まぁ状況は人それぞれなので、各派遣会社へ状況を説明して、よりよい待遇、条件で受け付けてくれるところ利用するのか良いと思います。

おまけ~最近のマツダニュース

…以上がマツダ期間工の入社祝い金についてなんですが、折角なので2018年9月頃に見つけたマツダに関するニュースなんかも紹介しておきたいと思います。

マツダの防府工場の2直再開


中国新聞の記事によると、8月20日に防府工場の第2工場が夜間操業を再開したようです。実に10年ぶりみたいですね。

10年ぶりに2直操業を再開したといえば、パジェロ製造が頭に浮かびます。

パジェロ製造については当ブログ内に記事がありますけど、入社祝い金をガッツリ上げて人材を募集している訳なんですけど、マツダの防府に関しては特に2直再開に伴っての採用活動は行わないようです。

防府工場全体の年産能力は41万6千台で、昼夜2交替の操業でもその水準を維持するとの事ですので、単純に考えると一つ一つの工程における作業内容を倍にし、そして作業スピードを半分に落とす…って感じになるんでしょうかね。

まぁ実際に現場にいる訳じゃないので実際の所は不明ですが、今のところはこんな感じのようです。

豪雨被害後の影響について

2018年8月12日に当記事を更新した際に、現在マツダは豪雨災害の影響で残業が出来ない状態という内容の文章を書きました。

それから20日ほど経過したわけですが、現状どうなっているんだろうと日経新聞をチェックした所、8月30日の記事に、国内生産について9月10日から残業も休日稼働もすべて再開すると書かれていましたねー

これは稼ぎたい現役マツダ期間工の他、マツダの期間工やりたいって人にとっては朗報ですね。

おわりに

派遣会社を経由して期間工として働く際に貰えるマツダ期間工の入社祝い金情報とおまけのマツダニュースについては以上です。

マツダ期間工に興味のある人は以下の記事もお勧めです。



マツダでは女性期間工の採用も行っていて寮もあります。



なお他社の入社祝い金や派遣会社を経由して入社した場合に貰える入社特典については以下のカテゴリーにいくつか記事を用意していますので、期間工探しをされている方は参考にしてください。

期間工情報・祝い金まとめ | 家族を養う40代期間工のブログ


それではまた!

工場ワークスで仕事探し
コメント一覧
  1. 期間工マークII より:

    ご無沙汰しております。
    夏休みは田舎に帰省ですか?

    こっちは帰省せず、都内に遊びに行きますよ。
    工場、寮周辺は何もないため、たまには都内に出てリフレッシュしないと。

    あー、別の工場に行きたいですね。

    • きろくがかり より:

      >期間工マークIIさん
      コメントありがとうございます!

      いや、今回の連休は寮で過ごしてますよ。
      もう休みも中盤なんですが、なかなか夜型生活が治らず困ってます…

      都内ですかいいですね、気分転換は必要ですよねー
      自分もどこかいきたいなぁ

  2. 去年、おととしでしたでしょうか。
    マツダ満了者の再入社の待遇がタウンページに載っていました。

    条件は
    マツダ満了者
    面接はマツダ直接応募

    の二点だったかと。

    マツダ経験者でまた長期間するのであれば、直接応募もありかもしれませんね。

    • きろくがかり より:

      >名無しさん@オジさま さん

      コメントありがとうございます。

      ブログ見ましたよー大府寮だったとは。しかも組立で満了とかすごいですね…自分だったらきっとバックレてると思います。

      マツダの再入社についてですが、これって派遣経由で応募しちゃダメなんですかね。あくまでも直接応募なんでしょうか。

      一応自分も満了してますし、今後マツダに行くって可能性も0ではないのでその辺の情報は自分も調べてみたいと思います。

      でも電話帳にそんなの載ってるんですね…最近タウンページなんか見てないから知らなかった…

      • 名無しさん@オジさま より:

        すいません。
        タウンページでなく、タウンワークでした。

  3. かめきち より:

    三菱に応募しましたが、不採用でした・・・
    かなりの数の応募者だったらしく、担当者曰く「通常なら採用なのですが」とのこと。
    数週後に再チャレンンジできるらしいですが、とりあえず保留にしておきました。

    とりあえず、マツダを受けてみてダメだったら、数ヶ月派遣などでつないでスバルに戻ろうかという次第です。
    日野も考えましたが、肉体的と人間関係が微妙なので、一歩踏み出せないです・・

    • きろくがかり より:

      >かめきちさん
      コメントありがとうございます。

      三菱不採用ですか。それはむしろラッキーだったかもしれませんよ。

      4月から入社祝い金も下がるっぽいですし、4月の操業も噂では残業・休出0。満了金も支給額もちょっと変更になって、短期ではまるで旨みがない期間工になりましたから。

      スバルに戻るにしても半年開けないといけないですからね…祝い金はマツダが良いですけど。

      日野も新田は悪くないって自分の知り合いが言ってたので、寮が我慢できれば新田もどうかなと。

      • かめきち より:

        マツダの記事参考にさせて頂き無事採用されました!
        が、組立課に配属になり、失業給付明けの怠った40前の身体にはキツく、退職願いしてしまいました。
        個人的な感触では、20代男性で何とかこなせる工程な感じで、休憩室に戻ってもシッカリ休みを取れている人は少ない印象で、誰かしら作業してるのを見かけます。
        ちょっと今回は配属運が無かったようです・・・

        • きろくがかり より:

          >かめきちさん
          コメントありがとうございます

          採用されたものの配属先が組立でしたか…組立はどこもきつそうですがやはりマツダもそうなんですね…

          自分はマツダで車体だったんですよね。4人で作業する感じで、車が工程に入ってくると一斉に作業に取り掛かって、全員が作業完了のボタンを押して流してやるみたいな。

          腰かけるようなガードレールみたいなのが作業場にあって、待ってる間そこに寄りかかったりしてました。

          慣れるまでは体痛かったりもしましたが結果的に40でも半年続けられましたんでラッキーだったんですね。

          • 匿名 より:

            もしかしてバリ取りですか?
            同じとこかもれ

          • きろくがかり より:

            >匿名さん
            コメントありがとうございます

            バリ取りではないですねー
            部署は…内緒です笑 バリ取りよりは楽な部署ですよー。

  4. 豚野郎 より:

    面接ではしてないって言われますが埼玉では前から正社員登用してますよ!

    • きろくがかり より:

      >豚野郎さん
      コメントありがとうございます!
      コメント見てから、期間工jpで埼玉製作所のページ確認した所、正社員登用実績ありって書いてましたね。

      でも公式には書いてないし、面接でも言われないとか…期間工jpでホンダ鈴鹿は募集してないけど、埼玉製作所は全国から期間工を募集してるみたいなんで、それを全面に押し出したら、人もたくさん集まるんじゃないかと思うんですけどね。

      あっ、そこを売りにしないのがホンダの良い所なのか。

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連キーワード
おすすめの記事