期間工として働く予定で車持ち込みを検討している方へ-スタッドレスどうする?-

昨日、ネタ集めの為にあちこち歩いてたんですけど、栃木県の足利市にありますビバホームっていうホームセンターの入口の所でスタッフらしき人がスタッドレスタイヤのチラシを配ってたんです。
タイヤ市場チラシ

チラシ主はタイヤ市場って店で、先に書いたビバホーム足利堀込店の敷地内にある店です。店舗面積自体はそんなに大きくはない感じです。

タイヤ市場足利
タイヤ市場 足利店
〒326-0831
栃木県足利市 堀込町字宮前250-1
ビバモール足利堀込店 敷地内


足利のビバホームは結構遠いんで、このタイヤ市場って店には行く機会が無いと思いますけど、スタッドレスタイヤのチラシをみて、もうこんな時期なんだなと季節の移り変わりを感じると同時に、ふと数年前の大雪を思い出しました。

平成26年豪雪

2014年2月15日に群馬県に大雪が降りまして、前橋では最大積雪73センチを記録しました。平成26年豪雪とか言われてるみたいですが、コンビニの棚からは数日の間商品が消えました。

群馬県でも積雪で孤立。停電、食料不足も【歴史的大雪】

通常は雪なんか殆ど降らない、仮に降ったとしても数ミリレベルの地域に大雪が降った訳ですからそりゃ混乱しますよね。

歩道が雪で歩けないので、仕方なく車道に出るんですが、当然車道もえらいことになってるのでかなり危険な状況でした。

車持ち込みの場合、スタッドレスタイヤをどうするのか

それを受けて2014年-2015年の冬、全社なのか工場単位なのか部や課の限定対応だったのか定かじゃないんですけど、社員及び期間従業員で車通勤者を対象にスタッドレスタイヤを完全に装着するよう御達示があったんです。

車通勤者に対してスタッドレスタイヤ装着の有無を確認するのは当然、駐車場に留めている車のタイヤチェックなんかも行われたりして、結構徹底してました。タイヤ未装着の人は車での通勤が不可になるという、結構厄介なペナルティーまであったりして。

聞く所によると、2015年-2016年にかけてはそこまでシビアな対応じゃ無かったみたいですけど、今年はラニーニャ現象の影響か、どうも寒さが厳しくなりそうな予想で、もしかしたら関東でもそこそこ雪降るかも?なんて話もあります。

そうなるとまた以前の様に車通勤者全員にスタッドレスタイヤ装着の義務化と、車を持ち込んでる期間従業員にも半強制的に装着を促す流れになるかもしれません。

スタッドレスタイヤ 自分は車持ってないので、スタッドレスタイヤの扱いについて、現状どのような運用をしているのかわからないんですけど、装着は義務付けられてるんですかね?

まあ、スバルの期間工が車の持ち込み可能になってからまだ1年~2年程度しか経ってませんから、仕組みが2転3転してもおかしくありません。仮に義務付けられたとしたら、あれば自宅から持ってこないといけませんし、無ければ買う必要があります。

それに保管についてですが、大泉寮ではタイヤの置場があるかどうかわからないんですけど、仮にあったとしても盗難の恐れがありますから、自室で管理する感じになるでしょうね。ただ大泉寮に関しては5階建てで、下の階だったら良いけど、最上階だったら運ぶのが大変そう…

他には近場にあるレンタルのコンテナを借りて、そこに入れる手もありますが…手続きもあって費用もかかるし…色々と手間かかりそうですね。

最後に

自分としては車持ち込みをあまりオススメしないのですが…群馬県は車社会なので有ると便利な事は間違いありません。

スバルの期間工は車の持ち込み可能ですが、実際に持ち込むべきかどうかを少し考えてみた。

なのでこれからスバルで期間工やろうと思ってて、車持ち込む予定の人は、後々めんどくさい事になる前に、その辺を確認しておいた方が良いかなとおもいます。