期間工が体重98kgから67kgまで減らしたダイエット方法(笑)

夏期休暇に入ってから、ちまちまと過去記事に手を入れたりしつつ、昔の事をしみじみ思い出しながらブログ書いてます。昨日、数ヶ月ぶりに太田の駅前に行きまして、赴任当時の頃を思い出したので書いておこうかなと。

太っている人は期間工として働けるのか

期間工としてスバルに入社する前は半年位引きこもりだったんですよ。そうこうしてる内にスバルの期間工に採用されて赴任し、健康診断を受けた時に計った体重が98kgでした。自分の身体なのに自分が一番驚いたという。

引きこもり生活で、食っちゃ寝、食っちゃ寝を半年も続けてたらそりゃ太りますよね。自分でもうすうす気づいてはいたんですけど、体重計に乗ろうとも思わなかったですね、その頃は。

一応採用されたので、採用の合否に体型はあまり関係なさそうです。太っていても期間工としてやっていける…というかやって行けそうな職場に配属されるとおもいます。極度の肥満だと難しいかも知れませんが、そういう人は多分受け入れの健康診断で弾かれるんじゃないかな。

太っている事の弊害

採用にはあまり影響無いかも知れませんが、期間工という仕事は主に立ち仕事ですし、場合によってはたったりしゃがんだりを一日何度も繰り返す事もあります。

その為、身体が適性値より重いと膝や腰に過度な負担がかかり、その部位を痛める原因になります。膝や腰は身体を支える重要な部位ですので、痛めると完全に直るまで時間がかかったり、完治しない場合もあり、日常生活に支障をきたします。

自分の身体を守る為にダイエットをしよう

体重98kgでスバル期間工として働き始め、入社から1年後には98kgだった体重が67kgまで落ちました。1年で30kg減です。その後は少し増やして、フル満了の段階で73kg。身長が180cmちょいあるんで標準ラインって所ですね。

ダイエットして体重が落ちると身体が非常に軽くなり、動きが格段に良くなって、仕事が楽になりますね。まぁ適性体重より重いって事は、身体に重りつけて動いていたのと同じですから楽になって当たり前なんですけど。

期間工として働きながらダイエットする

結論から言いますと、期間工として働いて普通に食事しているだけで少しずつ体重は落ちます。仕事内容や時期にもよりますが。



ただそれだと、今までついていた余計な重しが取れて普通になっただけなので、身体が軽くなる、楽になるって所までは中々辿り着けないです。本気で体重を落とそうと思ったら、やっぱり働いてるだけではダメで、食事にも気を使わないといけないでしょう。

体重を減らす為に自分がやった3つのダイエット法

次から自分がやってた事を書いていこうと思いますが、自分は科学的根拠に基づいてダイエットしてた訳じゃないので(笑)って付けてます。同じようなやり方でやっても効果が全然ないかもしれません。なので参考程度にしてください。

一日3食なんて誰がきめた?食事は1日1食で十分

食事は1日1食。基本的に好きなものを寝る前に食べてました。寝る前に食べてたのはやや不眠気味で、お腹が一杯になると良く眠れたからです。中にはお腹一杯だと眠れない人もいると思いますので、各自調節して下さい。

食事に関しては特に栄養のバランスは考えてなかったです。身体の疲労がなかなか取れないなと感じたりしたら野菜を多めに摂ったりする程度です。あと代謝をあげる為と空腹を紛らわす為に水を飲んでました。

裸になって鏡をみる

風呂で全身を見ます。太りすぎてると体型がだらし無いのでみる気が失せますが、そこは目を反らさず受け入れます。毎日鏡を見てるなかで、余分についてた脇腹の肉なんかがいつの間にか落ちてる事に気づいた時は、もっと頑張ろうと思いました。

自分の今を正確に知る事は重要。体重計には毎日必ず乗る

体重を細かくチェックします。1日に2回は乗ってました。体重が減ってるとやる気が出ます。1日1食で期間工の仕事をしてればまず増えないと思いますが、運動量の少ない工程だと食事だけでのダイエットは厳しいかもしれません。

しかし、体重計で自分の状態を把握する事により、その日の食事量をコントロールしたり、適度な運動を取り入れるべきタイミングを知る事が可能です。


タニタ デジタルヘルスメーター HD-660-WH(ホワイト) 乗るだけで電源ON/約B5サイズの小型設計

最後に

基本的には、摂取カロリーより消費カロリーが多ければ太らないと言う考え方です。このやり方はある程度の期間続けると体に変化がなくなります。いつもと同じように動いても、消費カロリーを最小限に抑えようとする身体の機能が自動的に働く為です。

そういった時期が長く続くとだんだんやる気が無くなって来て、もういいやと元の生活に戻ってしまいがちですが、そうなると今までの努力が水の泡です。健康を守る為に消費カロリーを制限する身体の機能は一時的なものですので、そこはそういうもんだと割りきってダイエットを継続しましょう。

体が重いと疲れますし、期間工の作業は身体にどうしても負担がかかり、あまり良いことはありません。しかし体重が減り、体型がスリムになると、身体が軽くなって楽になる事以外にも、今まで着られなかった服を着る事が出来たりして気分が変わり、肉体面だけじゃなく精神面でも良い影響が出ます。

なのでやや肥満体型の方はもちろんですが、標準体型の方でも現状を維持する為に、日々の体重チェックをしておいた方が良いと思います。