Android用KindleアプリでKindle Unlimited読み放題初回無料サービスを試してみた

早速Kindle Unlimitedの初回無料サービスを試してみる。


昨日は勢いでKindle Unlimitedの無料サービスに登録してしまったけど、ここ半年で読んだものといえば地域フリーペーパーのMOTECOと広報おおた。こんな奴が読み放題のサービスを有効に活用出来るのだろうか?


解約しようか迷ったけど、折角なんで、良いも悪いも実際にサービスを試してから判断する事にした。

Kindleアプリをダウンロード


Kindleの利用はタブレット推奨なんですけど、自分はタブレット持っていないので、必然的にスマホでの利用になります。DMM mobile、機種はHuawei Ascend Mate7。画面が6インチだからまあ何とかなるかな。

まずはGoogle Playストアからアプリをダウンロードする。

小説からコミック、雑誌、洋書ほか、無料タイトルも含む豊富な品揃えをスマートフォンやタブレットで。


インストールして開き、アプリのガイダンスに従って作業を進めていく。

Screenshot_2016-08-11-07-16-09-01

好みのジャンルを選択して


Screenshot_2016-08-11-07-18-19-01

何だか良く分からんけど本の評価をしなきゃ行けないようだ。とりあえず適当に星をつける。


Screenshot_2016-08-11-07-18-46-01

最後にいろんな要素を考慮して、あなたにオススメの一冊をAmazonが教えてくれる。どうしてデトロイトメタルシティなんだろう??


表紙下のチェックを入れたまま先に進むと自動的に本のダウンロードが始まる(無料)んで、特に必要無ければチェック外しても良いんじゃないだろうか。とりあえずここではチェックを外さない方向で話を進めていく。

本を探す


オススメ本のダウンロードが終わったらいよいよ無料で読める本や雑誌を探す。アプリの検索窓でも探せるけど、著者か本のタイトルを入れないとヒットしないのでKindleショップで探すのが楽かな。

ジャンルを選択して絞り込む


Kindleショップの画面をズズっと下に滑らせるとカテゴリー一覧があって、好きなカテゴリーを選び、更に選択を進めていくと、絞り込み検索が出来るようになるのでクリックすると


Screenshot_2016-08-11-11-18-08-01

Kindle Unlimited読み放題サービス対象のアイテムを検索出来るようになります。それを選択すると下の画像のようにリスト化されるんで、そのカテゴリーでの読み放題サービス対象の本を探せるようになります(サービス対象外の本もたまに混ざってますが)。


Screenshot_2016-08-11-10-52-29-02
¥0 Kindle Unlimitedって表記があるアイテムが読み放題対象のアイテムです。

本のデータ量とダウンロード時間。Kindleアプリの使用感など


試しに以下の雑誌と書籍、2冊をダウンロードしてみました。

“Tarzan”(Tarzan編集部 著)


“効果がすぐ出るSEO事典”(岡崎良徳 著)

データ量とダウンロード時間


SEO事典は31MBで、Tarzanは111MBだったかな。書籍は文字中心ですから軽かったですね。ダウンロード時間は5分かからなかったと思います。


Tarzanは雑誌で、ほとんどがカラーページですから流石に書籍と比較するとやはり重いです。時間も12分~15分位だったかな。


ダウンロード時間に関しては、DMM mobileの高速通信を使っての計測なんで、これがPCでのダウンロードなんかだと、また結果が全然違ってくると思いますけど。

Kindleアプリの使用感(Huawei Ascend Mate7の場合)


雑誌やコミックス(デトロイトメタルシティ)に関しては、スマホ画面が6インチって事もあって、これはもう全く問題なく見れます。ページ送りもスムーズです。


書籍に関してですが、自分自身が電子書籍に不慣れなもんで結構違和感ありました…慣れが必要ですね。肝心のアプリの動きの部分については、興味ある項目をタップするとその先に飛んたり、あとページ送りとかはコミックスや雑誌同様スムーズで、ストレス無かったです。

解約について


30日間、もしくはそれ以前で解約したいって時は、AmazonのPCサイトにあるアカウントサービスから解約出来ます。

Screenshot_2016-08-11-10-12-54-01
スマホサイトからでは出来ません(多分)ので注意です。


最後に


Kindle Unlimited読み放題サービスについて、読み放題の中に毎月購読している雑誌なり書籍なりある方にはオススメですね。当たり前ですが。


現時点では様々な出版社がこのサービスについて様子見を決め込んでるみたいなんで、もう少し読める本や雑誌の範囲が拡大してくれればなぁーって感じです。


ただ、30日間の初回無料サービスを利用する価値は十分にあると思いますので、夏休みの休暇を利用してちょっと試してみてはいかがでしょうか。