ポテトチップスについてふと思った

安倍晋三首相は2017年4月に予定する消費税率10%への引き上げについて、先送りも含む検討に入った。年明け以降の世界経済の変調などで、増税できる経済環境が整わない可能性もあると判断したためだ。首相が先送りを最終判断した場合は衆院を解散し、今夏の参院選と合わせた衆参同日選に踏み切るとの見方もでている。

Yahoo!ニュースに掲載された消費税引き上げ問題に関する記事を、過去にさかのぼって閲覧可能。重要なニュースを記録する日本最大級のアーカイブです。


政府は否定してるけど、延期は規定路線みたいだ。しかし8%であんまり良くない結果なんで10%を延期するとかおかしくないか。5%に戻してほしい。

ここ一年間で色んな物が値上がりしてるしね。値上がりしてなくても内容量がビミョーに減っていたりして。世知辛い世の中だ。

内容量が減っているといえば、数ある品物のなかでその代表格としてあげられるのがポテトチップス(自分調べ)。自分が小学生の頃、ポテトチップスのうすしお味ってもっと量多かった気がするんだけどな。

どのくらいの量だったかイマイチ思い出せなかったので、ネットで検索したところこんな記事が。インターネットって素晴らしい。

7042105c2a7e2084a270143ba74e73c55fa4fced1428708611-s
ポテトチップスは約45年間で容量が30グラム減少した。上のグラフから合理的に将来を予測するとポテトチップスの容量は2104年頃に0グラム、2150年頃にはマイナスに突入し、▲30グラムになると予想される。

http://knowledgestore.co.jp/media/?p=1856


2104年頃には0で、2150年頃にはマイナスに突入するとか笑ってしまう。約100年後は袋だけで中身が無くなってしまうのか……何だか日本の将来を暗示しているかのようだなぁ。