スバル本工場近くの海鮮問屋 海ぼうずに行ってきた

海ぼうず看板

スバル東長岡寮の近く、海鮮問屋 海ぼうずへ

本工場で働いていた時にお世話になった方数名から食事に誘っていただいたので、本工場近くにある居酒屋海ぼうずって所に行ってきた。



11月頃にオープンした比較的新しい店なので店内はかなり綺麗。案内されたのは個室。間取りは広くて窮屈さを感じる事なく食事や会話を楽しむ事ができたんで、自分的に満足度高めだった。

ランチなんかもやってるらしい(2017/02/22追記)

Motecoって地域情報誌を見たらこの店はランチもやってるみたい。海鮮居酒屋らしく海鮮丼のほか海老ラーメンなんてのもあるみたい。海鮮丼は先着5名様。写真で見たら結構ボリュームもあるし人気あるんじゃないかな。

海鮮問屋海ぼうず太田店のランチがアツい。motecoで地域の情報をGETしよう | 底辺期間工のリアル~40代スバル期間従業員の足跡ブログ~

IMG_20160130_233944

料理の提供スピードに不満…海ぼうず太田店のレビューは意外に低評価だった。

寮にもどってブログで店舗について書こうかなと検索したら、口コミ評価は低く、低評価の内訳で目立ったのが料理の提供スピードが遅いというもの。確かに料理の出は遅かった気がするけど。

でも料理の味はなかなかだったし、なにより居心地良く会話に集中してたからその辺は余り気にならなかったなぁ。ぶっちゃけ料理の提供スピードの遅さで言うとイオンモール太田の景勝軒の右に出る店は無いと思う。

最初に行った時ラーメンと飯ものと餃子を頼んだんだけど、まず飯ものが出てきて食べ終わった後に餃子が出てきた。それ食べ終わってからラーメンが出てきてコース料理か!ってツッコもうかなと思ったくらい。

まあ、この店はピークでも従業員が少ないので、イライラするより見てると可哀相な感じがするんでなんともなあ。

関連記事
スバル東長岡寮周辺環境。イオン太田敷地内の安眠の湯・景勝軒

コミュニケーションは大切に。期間工は人と触れ合う機会が少ない

さて、昨日に話をもどすけど、食事しながら仕事の事とか、最近の出来事では寮の火事の事とか色んな話を聞いた。改めて人と会話をするって事はとても大切だなって事を思った。期間従業員って地元も年齢もバラバラで持っている経験や知識も多岐に渡るから、ただ話をするだけでも多くの事を知る事ができる。こういった環境ってのは中々ない。

例えば、今の自分が持っている知識、経験そのままに0歳から再スタートできたとして、今と同じ年齢まで生きたとしたら、きっと今とは全然異なる人生を歩んでる事にちがいない。経験や知識は、生きる上でとても重要なポイントでは無いだろうか。それにストレスも緩和されると思うしね。

ストレスチェックで見えた働き甲斐のない期間工の仕事とそれをなんとか有意義なものにする対策 | 底辺期間工のリアル~40代スバル期間従業員の足跡ブログ~

おわりに

娘「何でパパは色々知ってるの?」
自分「パパの友達が色々教えてくれるんだよ」
娘「友達ってどんな人?」
自分「パパの友達はネットだよ」


こんな悲しい会話にならないよう、できるだけ多くの人とコミュニケーションをとって行きたいと思う。