DMM mobileを2年間利用した感想や気になる部分を簡単に書いてみた。

どうも!

期間工のきろくがかりです。

当ブログは期間工について色々い書いてて、現役の期間工の方やこれから期間工として働こうと考えてる方がいらっしゃいます。


期間工として働く目的って様々なんですけど、期間工は短期間で多くの収入を得られるため、短い期間でサクッとお金を貯めちゃおうって人が多いんじゃないでしょうか。


期間工は寮生活で、寮費の他、水道光熱費無料の場合が多く、普通に生活していても1年で150万~200万位の貯金は可能ですが、期間工をやめた後の事を考えると、定期的な出費もこの機会に見直すべきじゃないかなと思うんです。


定期的な出費とは何なのか…人によってさまざまだと思いますけど、大半の人が該当するものといえばスマホ代金じゃないかなと。


そんなわけで今回は自分が使っているDMMモバイルについてです。はっきり言ってスマホに関しては全然詳しくありませんが、自分がDMMモバイルに申し込んだ理由や実際に支払っている金額。また現在使っている機種、使ってみた感想などを書いていきたいと思います!


それではどうぞ

docomoから乗り換え


DMMモバイルへ申し込んだのは2016年1月です。


もともとはDOCOMOを契約して使ってたんですけど、忘れもしない2015年5月、スマホを落とした時ガラスにヒビが入ってしまったんです。


しばらくそのまま使ってたんですけど、ブログを始めてスマホで記事を書いたりしている中で、毎月月末付近になるとデータ通信の残量が足りなくなったり、支払い額もなんだかんだでかかるようになりまして。


そうこうしているうちにようやく端末の分割払いも終了間近、契約も2年になるんでこれを機会にちょっと別を探してみようかなと考えたのが始まりでした。

ネットで自分に合った通信業者を探す

とはいえ携帯各社は様々なサービスと料金形態を展開していて、正直もはやオッサン脳ではついて行けそうもない市場。


なのでまず、現状自分がスマホに求める条件とか、そんな感じのものをリストにしまして。


  • ネットをかなり使うのでデータ通信量は無制限か結構多め。
  • スマホでブログを書くので作業性を考慮するとちょっと大きめの画面が良い。
  • 料金は諸々込みで6000円くらい


そんな上記の条件をみたす業者を探していたら、U-mobileって通信業者を発見。データ通信量無制限があって、金額も2980円とお安くなかなか良さげ。




その上、取り扱い機種一覧にAscend Mate 7って6インチディスプレイのスマホがあって、希望である大き目画面のスマホも同時に手に入りそう…って事でとりあえず候補へ。


比較の為にその後も調査を継続すると、楽天モバイルが新機種半額キャンペーンの最中。


楽天モバイルはデータ量の無制限は無いものの、そこそこ大きめの通信量プランを扱ってて金額的にもまあ妥当な感じ。


さらに半額キャンペーンの対象機種に5.5インチディスプレイのHuawei honor6 plusが含まれていて画面大きめスマホが安く手に入りそう。


ここでU-mobileか楽天モバイルかすごい迷ったんですけど、機種代金って結構負担大きいし、安く手に入った方が良いかなって事で最終的に楽天モバイルへ決めて申し込みしたんですが…まぁ色々あって結局スマホは届かなかったんですね…


2015年末、楽天モバイルに申し込んでめんどくさい事になった件について書いてます。


仕方ないのでもう一つの候補、U-mobileへ申し込もうとして、申し込み画面からセット販売を選択し、Ascend Mate 7を指定して契約しようとしたところ、取り扱い機種一覧からAscend Mate 7が消えてたんですよ。


ページをリロードしたりして何度も確認したけどやっぱり無い。どうやら品切れらしい…


楽天モバイルで契約したもののスマホは届かず。U-mobileでは欲しいスマホが売り切れ。踏んだり蹴ったりの展開で、正直もうどうでも良くなってきたのでテキトーに選んで契約しようと思ったけど、そんな事したら後悔する事が分かりきっているのでまた探す。


ひたすら探してみた所DMM mobileでAscend Mate 7を取り扱っている事が判明。データ通信量も幅広く選択でき料金も安いなと。



ここで申し込まないともう次はなさそうな気がしたので、通信量10GBと機種はAscend Mate 7のを選択してさっさと申し込みを済ませる。申し込みからほどなくしてスマホが自分の手元へ到着。

image


自分とDMMモバイルとの付き合いは、こんな紆余曲折を経て始まったわけですね。

DMMモバイルを実際に使ってみていいなと感じたところ

それではここから本題のDMM mobileを使ってみた感想などを書いて行きたいと思います。いやー本題までも長かったですね。

通信費の圧縮には成功

申し込んだプランは通話SIMの10GBで料金は2,890円。


そこに新規で購入した端末、自分の場合はAscend Mate7ですので月々2,115円が加算され、金額合計5005円(税別)が基本の支払い金額です。


前のドコモではデータ通信量7GBで支払いは8000円。状況によっては1GB=1000円のデータ量を何度か追加したりしてたので、月の合計支払い額が10000円を越える時もありましたので、その辺の負担が軽くなったのは助かりましたね。

通信速度・通話品質

通話は嫁さんと時々電話で話をするんですけど、特にこれといって気になる所はないですね。

通信はどうですかね。格安SIMは時間帯によって高速通信でも遅くてストレスを感じる…なんて意見もありますけど、DMモバイルをずっと使ってますが、速度に関してはそういったバラつきもなく安定してると思います。

サポートに関して

先にも書きましたが申し込んだデータ量のプランは10GB。でも申込初月、やけにデータの残量が少かったんです。


理由がよく分からなかったのでサポートに問い合わせした所、初月は日割計算ねデータ残量になっているとの回答。確認してみると支払い金額も日割になっていたので納得。


一応書いておくと問い合わせに対して回答を貰えたのは翌日。そんなにレスポンスいいわけじゃないけど、問い合わせ状況によってはもっと早く回答貰えるんじゃないかなと。

質問に対する回答は的確でわかりやすかったので、悪くないなと感じました。

DMM mobileのバースト転送機能

docomoを使っていた頃は月の三分の二を経過するとデータ通信量が0になっていて、月末10日間程を128kbpsで過ごしていたんですけど、DMM mobileにはバースト転送って機能が有るようで。


バースト転送は低速時でも、最初の通信約75KBを速度制限なしでダウンロードする事が出来る機能らしく、テキスト主体のサイトならストレス無く表示できる機能らしいんですよね。実際に使ってみたんですが、確かに最初の表示は早く感じます。


DMM mobileはアプリで高速と低速を任意で切り替える事が事ができるので、あまりスマホでネットをしない人なら通常は低速に設定しておくとデータ通信量の節約にはなるかな。


ただ低速で使いすぎると通信制限がかかるみたいでその基準は3日間で366MB。イマイチ感覚がよくわからないけど、


・Yahooトップページに約1,551回アクセス
・Gmail(テキスト)を約73,200回送信
・YouTubeを約183分視聴


このくらいのデータ量を3日間で利用すると引っかかるみたいです。

しかしいまだかつて制限にひっかかる程に低速を利用したことが無いもんで性能のほどはちょっと何とも言えないですけど、高速通信の使用頻度を抑える事が出来るって事は、申し込み時に選択するプランのGB数を1ランクくらい下げてもいい訳で、結果的には通信費の節約につながりますね。

DMMモバイルのちょっと気になるところ

さて、ここからはDMMモバイルを使ってみてちょっと気になる部分を書いていきたいと思います。


デメリット…って程の事じゃないんです。ここはちょっとイマイチだなーって感じた所ですね。

決済方法がクレジットカードのみ

DMMモバイルは支払いがクレジットカードのみなんですよね。


クレカを持っている人は全然問題なんいんですけど、持っていない人はまずクレカに申し込まないといけないってのがちょっと手間かなと。


ちなみに格安SIMで口座振替に対応してる所は…色々あるかもしれませんが自分が知ってるのは楽天モバイルだけですね。


とはいえ自分はマツダで期間工として3カ月くらい働いたタイミングで楽天・イオン・ヤフーのカード会社3社に申し込み、すべての会社で審査が通りました。


なのでどこかで普通に働いていれば、その3社に関しては割と面倒なことなくカードを発行できるんじゃないかなと思います。主婦でもカード発行できたなんて話も聞きますし。


それにクレカをは色々と便利ですし、持ってない人は格安SIMへの移行をきっかけに申し込んでみるのも良いと思います。


関連カテゴリ 期間工とクレジットカード

DMMポイント

DMMモバイルでは利用料金に応じたポイントが貰えるんです。

けど、そのポイントはDMMが提供するサービスの利用にしか使用できないので範囲がすごい狭いんですよね。

まぁ自分の場合は夜のお供の動画に使ったりしてるので、全く無意味って事はないんですけど。

子供に持たせづらい

DMMといえば英会話だったり株やFX、最近では仮想通貨の取引など、様々な業種を手広く手掛けてる企業です。


…本当に様々な業種を手広く手掛けてるのはわかってるんですけど、個人的に、本当に個人的なんですけど、どうしても夜のお供のイメージが抜けきれないんですよね。


先日高校に進学した長女のスマホについて考える機会があったんです。


嫁さんはdocomoを使ってるんですけど、やっぱり通信費が結構かかるって事で、自分の使ってるDMMモバイルにしようかなと思ったんですけど、年ごろの女の子にDMM…


しばらく悩んで結局楽天モバイルにしてしまいました。

現在の通信環境

ちなみに2018年4月現在の通信環境ですけど、DMMモバイルは継続して利用していますがデータ通信量を1GBまで減らしました。代わりにfuji-wifiのモバイルルーターを契約しました。


また機種をAscend Mate7からHUAWEI P10 liteへ変更しました。


P10 liteを選んだ理由は価格コムのランキングでずっと1位だったからってだけなんですけど、今まで6インチスマホを使っていたせいか、コンパクトで持ち運びが良いですね。



楽天モバイルに申し込んだもののスマホが届かず、U-mobileでは希望の機種が売り切れ、そんな中で偶然たどりついたDMMモバイルですが、今ではかなり気に入っています。




そんな通信業者の選択基準。それは人それぞれ色々とあると思いますが、この記事が、ちょっと通信費を見直してみようかな~なんて考えてる人のお役に少しでもお役に立てれば幸いです。


それではまた!

 

関連キーワードで記事を探す?

期間工ブログランキングに参加しました!

最近ブログランキングに新しいブログがいくつか登録されてました。気になる人は上のバナーをクリックしてランキングページへ行ってみよう!(ステマ)

Sponsored Link

フォローする