スバルの期間工入社時研修について

スバル期間工入社時研修

ここではスバル期間工の入社時研修について、その流れをざっくり紹介します。関連記事へのリンクも貼っておきますので、合わせて見ていただければと。



スバル期間工の入社時研修に関して、ざっくりとした流れは以下の通りです。
  • 各種書類の記入
  • 健康診断や会社概要・施設の説明
  • 作業服など貸与品の支給
  • 配属先工場にて受け入れ教育
  • 配属先工程での教育・作業訓練

各種書類の記入

太田市入りは月曜日、自分の場合ですけど。前日に入る人もいるようですね。んでその日は本社受付にて保険や契約書類への記入を行います。

関連記事:期間工入社手続きに必要な各種書類

太田グランドホテル外観

あとは翌日の集合場所や時間を聞き、太田グランドホテルへ各自移動してチェックインします。この日はそれで終わり。夕食も各自で食べに行くなり買ってくるなりする感じです。

関連記事:スバル期間工研修中の夜ごはん。スバル本工場前の飲食店をチェック!

健康診断や会社概要・施設の説明

翌日の火曜日は指定の集合場所へ行き、健康診断を敷地内の診療所みたいな所で受ける。併せて食堂の精算方法について説明を受けます。

関連記事:スバル期間工赴任2日目。受け入れ教育と健康診断等について

食事の精算はEdyを使用。空のカードを貰った後その場でチャージするので、チャージ用の現金1000円は忘れずに。

その後は会社概要や健康、安全についての教育を受けて終了。この日もホテルに宿泊です。

配属先へ移動

入社研修2日目の朝に集合場所に行くと、作業着と安全靴などの支給品が用意されていて、同時に配属先工場と今後生活する寮が分かります。

この日は配属先工場にて安全教育を受け、一通り終わると職場が伝えられるので、教育担当者の案内の元に職場へ移動し、そこであらためて工程内の説明や安全に関する教育を受けたり。

関連記事:赴任3日目 大泉寮にお世話になります。

終わってから太田グランドホテルへ戻りチェックアウト。そこから会社のバスに乗って決められた寮へ。寮へ到着すると入寮手続き。各種書類への記入や寮内でのルールや、設備についての説明です。

スバル期間工入社研修最終日

入寮の翌日からは通常通りの出勤。

自工程における安全や品質についての教育を受けながら初日は見学、翌日から作業訓練。ただこの辺は初日から作業にタッチする場合もあるし、配属先によって多少流れが異なる。

作業訓練といっても実際のラインに入ってやるので本来の作業とほぼ同じ。違いといえば指導者が見てるか見ていないか位かなあ。

赴任時のアドバイス

赴任時は荷物少なめに

必要書類以外の自分の荷物は長袖Tシャツと靴下を3日分。後は寮で着るジャージ1着。私服は月曜の赴任日に着てきた薄手のアウターとパーカー、デニム。

研修は私服だけど水曜日の配属先工場へ移動した後は作業着メインだし、寮に入れば洗濯機もあるので特に困らないと思う。ホテルへのチェックイン・アウトや入寮等、移動が結構あるので身軽な方が良いと思う。


日用品は現地調達

入寮すると身の回りの物が必要になるけど、大泉寮は目の前にドラッグストア、東長岡はちょっと遠いけどイオンとドンキ。コンビニはセブンがあるので一通り揃うと思う。上記2つの寮以外の環境は分からないけど、不安なら初日にドンキで買うのもありか。

最後に

中には正社員登用目指してる人もいるかもしれないから、少ししかないけど自分の知る範囲で正社員登用について情報をまとめてみた。

スバルの期間工から正社員を目指す人に。実際に期間工から社員登用試験に合格して正社員になった人がやってた事の備忘録的な


人それぞれ期間工をやる理由があると思うんで、目的等あれば達成できるよう頑張って下さい。