ども!

体重が6キロ増えてたきろくがかりです。

まあマツダを退職したのが11月末で、それから今日まで何もしてこなかったし、薄々気付いてはいたさー

増えてしまったのは仕方ないんで仕事しながらベストの状態に持って行こう。

赴任2日目は受け入れ教育と健康診断、食堂の使い方等

さて、本日はスバル期間工2日目。

スケジュールのメインは受け入れ教育で社内の規則や安全に関する教育と簡単な適性検査をやり、その合間に敷地内の診療所で健康診断。

そして隣接する食堂で、食事の清算に使用するEdyカードの配布と使い方のレクチャーが行われる感じ。

ちなみに赴任初日の記事はこちら

タトゥーがあったりすると返されます。緊張の健康診断

座学はまあよしとして重要なのが健康診断。問題があれば帰されます。診療所では順番で各項目毎に診察を受けて行く流れ。とりあえず指示に従っておけば何事もなくスムーズに終わりますんで。


一通り終わったら一旦食堂に全員集合。


…ってなんか自分の前にいた人がいないんだけど。帰されたんだろうか。検査結果なんてそんなすぐ出ないと思うので、墨でも入ってたかな。地元だったら帰されても大した事無いけど、北海道とか沖縄から来て帰されたら泣くに泣けんな。

食堂はEdyで

んで食堂。食堂では清算や注文も仕方についての案内です。清算に使用するEdyカードはこのタイミングで配布されます。自前のEdyカード持ってる人はあえて貰わなくても大丈夫。楽天カードなんかだとEdyついてますんで結構便利です。

かつては食券システムだった

ちなみに以前は月に一度、班長に申請して一月分の食券を貰ってたんですよ。貰える食券は20枚綴りで大きさはバスの整理券位、素材は紙製。

清算は給料天引きのシステムだったんでカネが無い時でも昼飯だけは何とかなったんですよ。しかしそのシステムも色々と困ったことがありまして…

自分が過去に本工場で働いていた時の話なんですが、その20枚綴りの食券が手元に届いた日、仕事を終えて寮に帰り作業着を洗濯してたんです。んで終わってから洗濯物を洗濯機から取り出すとゴミが大量に付着してまして。


何だこりゃ?
ポケットにティッシュでも入ってたか?



と、洗濯機と洗濯機周りのゴミを掃除しながら、今日一日振り返ってふと思い出したんですよ。食券を作業着のポケットに入れたままだった事を…


一食400円、計8000円の食券が一枚も使わずゴミに…(´;ω;`)ブワッ


現在はEdyカードを使用して食券を購入する形に変わったんでそんな事はないんですけども、赴任時にある程度のお金は持ってきていないと食事ができませんので、その辺は事前に用意しておきましょう。

2日目終了。赴任3日目の明日朝には配属先の工場と入寮先がわかるはず

その後は昼飯食べて引き続き研修。

一日が終わるとその日は再びホテルで宿泊。翌日には配属先と同時に入寮先も分かるはず。で、明日の赴任3日目は配属先の工場で17時まで研修。研修が終わると工場によってはバスでホテルに戻りチェックアウト、そのまま入る寮に移動して入寮手続きをします。

スバル期間工の寮一覧

そんな流れなので拘束時間がかなり長くなりますから2日目の本日、研修終了後に自分はドンキに行ってスリッパバスタオルを買って来ました。寮によっては内履きが必要になるんでね。


しかし配属先はどこになるんだろう。わざわざ経験者手当てとか付けて経験者を呼び戻そうとしてるんだから全然違う工程って事は無いと思うけど…それが分かるまではイマイチすっきりしない。

大泉工場に配属なりました。前の職場と全然関係ない所でしたww(2016年9月14日追記)

最後に

とりあえずホテル暮らしも今日で最後。Wi-Fiも使えるんでめぼしい生活用品をアマゾンや楽天でチェックして、入寮先が分かり次第発注できるようにスタンバイして寝ます!


それではまた!!

2015年12月の実体験を元に2016年9月14日大幅加筆修正しました。

工場ワークスで仕事探し
おすすめの記事