ども!

きろくがかりです。

マツダ満了までもうちょいなんですが、先日会社で退職に関して話がありました。

内容は会社への返却物の説明や退職後に会社から自宅に郵送する離職票などの書類、残ってる有給の消化タイミングなどの話でした。

会社への返却物


会社への返却物は以下の通り。

  • 保険証
  • 社員証
  • ロッカーの鍵

入社時に渡された保険証や社員証、寮の部屋や会社の更衣室のロッカーのカギ等…基本的な部分は他社と特に変わりないですね。


有給休暇の消化について

有給は現時点で残9日。

まぁ消化し切れないだろうなと諦めていたんですけど、次の仕事探しや帰任準備などで時間が必要だろうということで11月末から退職日まで貰える事に。

期間工は日給月給なので有給を取得するとやっぱり給与面に多少の影響はあります。


でも退職時には次の仕事を探したりする他に寮部屋の片付けやなんかもあるんで時間はいくらあっても良いんです。なので結構助かりましたね。

しかしマツダの前に期間工として働いていたスバル本工場の職場では有給消化の話など1ミリも無かったんです。

18日も残ってたのに!


まぁ自分も別に全部消化する気は無かったし、できるとも思っていなかったけど、有給あるけどどうする?位の話はあってよかったんじゃないかなって思いますけどねぇ…

まぁ、こんな感じで自分の場合は有給休暇を全消化できましたけど、全消化できたのは自分の職場がある程度人に余裕があったからで、もしかしたら職場によっては全消化が難しい所もあるかも。

なので有給休暇は極力溜め込まず、取得できる時にしっかり使った方が良いですよ。

マツダの帰任旅費と荷造り費用

あと帰任時の旅費は赴任時と同額が支給されます。なので少しでも浮かせたければ、時間はかかりますが高速バスが安くて良いんじゃないかなと。

赴任時は何月何日の何時までに来て下さいと時間指定ありますけど、帰りは得に制約はありません…あるとしたら個人的な理由しかないかなと。

自分はスバルを満了した時、東京から地元に帰る際に使った高速バスのウィラーを使ったんですが、特に不満もなかったですし、それなりに値段も安かったのでバスで帰る予定です。


新幹線と比較するとかなり時間はかかりますし、若干窮屈ではあるんですけどね。

荷造り費用

マツダでは期間工の赴任時に、自宅から送った荷物の送料を負担してくれます。上限は20000円(※2015年5月現在)

引っ越し費用とか荷造り費用とか言われてます。ちなみに支給額は赴任時にかかった配送料と同額です。

この荷造り費用なんですけど、自分は最近までその存在を知らなかったんですよね。

正直、最初から知ってれば、赴任時に会社の送料負担額ギリギリまで使って寮に荷物を送り、帰任時に所有品の多くを処分して、送料を限界まで減らす。

そこで生まれた費用の差額を使って美味いもんを食べたりお土産を買ったり出来たのにな…と。やはり情報は大事ですね!

最後に

以上がマツダの退職時の返却物と有給休暇についてです。

上記の件以外にも健康保険を任意継続するかどうかとか、離職票や給料明細などの書類の送付先住所とかを記入したりやりましたかね。

今回のような退職時の手続きに関する説明はどの自動車メーカーでもやってると思うんですけど、個人的には今回の話の中で有給を全消化できるように予定を組んでくれたのはうれしかったですね。

マツダ期間工の契約満了は10日なので、給料⇒給料の間があかないようにすぐに仕事を探さなきゃいけない人にとっては都合が良いんです。


けど、それに加えて有給があれば考える余裕もさらに生まれますし、先の項目にも書いたので繰り返しになりますがこの対応はホントありがたかったです。


さぁ泣いても笑っても稼働日計算だと残りは10日間。

五体満足で帰れるようにケガの無いよう十分注意して残りの日を過ごす事にします!


それではまた~

工場ワークスで仕事探し
おすすめの記事