非正規従業員の人生は終わっている?東洋経済”絶望の非正規”

非正規に未来はない


労働者の3人に1人が非正規雇用…


東洋経済の非正規についての記事がヤフーニュースに掲載されてました。

アルバイト、パート、派遣、請負など非正規労働者の増加が止まらない。平成元年(1989年)に817万人で全体の約2割だった非正規労働者は2014年に1962万人まで増加。全体の37%と4割近くに迫っている。今や労働者の…


35~54歳の非正規の数は2000年から増加し直近では273万人に上るとの事。もちろん自分もその中に含まれてるんだけどね…雑誌の見出しは絶望の非正規。うーん、ズバッと来ましたね。

正社員だって一歩間違えば

確かに非正規雇用は景気次第で切られてしまう不安定感はつきものなんで、人によっては先行き不安で希望を断たれた気がする人もいるかもしれないけど、そこから更に景気が悪化したら、次に切られるのは正社員ですから。

世の中の景気の変動以外にも、会社の不祥事だったりで業績が悪化したら、会社を存続させる為に従業員は切られる。早いか遅いか位の違いしかないような気がするけどね。非正規雇用で不安が全然ないのかと聞かれればそんな事はないけど、自分はそこまで悲観的ではないかな…

記事内では非正規の所得についてや、老後への不安などにも触れられている。そんなのは誰だって大なり小なり不安に感じてると思うし、自分は貯金はそんなに無い……殆ど無いけど、自分の価値観のなかでは普通の生活を送れてると思うんだけど。

最後に

結論としては、非正規だからといって絶望しなくても良いんじゃないかな。正社員は安泰なんてイメージがあるけど、同一労働同一賃金に絡んだこれから先の法改正で、正社員の解雇がもっと容易にできる様になるかもしれない。むしろその可能性が高い。そうなれば正規も非正規も大して変わらない立場になるだろうし。

大事なのは今置かれてる環境でいかに楽しむかって事かと。先の事はいくら考えても誰にも分かんないしね。