秋の全国交通安全運動と自転車の危険運転14項目

-shared-img-thumb-HAW75_tamagawatojitensya_TP_V

平成27年9月21日(月)からから30日(水)まで秋の全国交通安全運動が行われているようです。

スバルなんかは赴任当初から自家用車の持ち込みが許可されてるけど、自動車会社によってはある一定期間勤務しないと持ち込みができなかったり、マツダのように自家用車どころか自転車さえ持ち込み不可の所もある。(2016年現在)

自分は期間工生活を寮で送っているので基本的に移動の中心は自転車か徒歩なんだけど、どうも2015年の6月1日に道路交通法が改正されて自転車の道交法違反に関する罰則が厳しくなったみたい。なので備忘録的に自転車による危険な違法行為14項目を書いておきます。

自転車の危険運転14項目

・信号無視
・遮断機が下りた踏切への立ち入り
・指定場所一時不停止など
・歩道通行時の通行方法違反
・ブレーキ不良自転車運転
・飲酒運転
・通行禁止違反
・歩行者用道路での車両の義務違反
・通行区分違反
・路側帯通行時の歩行者の通行妨害
・交差点での安全進行義務の違反など
・交差点での優先車妨害など
・環状交差点での安全進行義務違反など
・安全運転義務違反


自転車は左側通行で基本は車道を通行しなきゃいけなくて道端3m以上あれば歩道を走行できる。他はほぼ自動車と同じ感じ?普通に逆走してる自転車いっぱい見かけるけど!基本は車道とか言っちゃってるけど、車道って危ないんだよ?まず歩道の整備を何とかしてほしい。

違反するとどうなるのか

ちなみに2回違反キップを切られると違反者講習を受講しないといけないらしく受講料は5700円で時間は3時間。たかが自転車の違反者講習と馬鹿にして、受講命令を無視すると、何と5万円以下の罰金!

おわりに

しかしぶつくさ言ってても始まらない。自転車といえども歩行者と衝突して相手に怪我や死亡させてしまったりすると多額の賠償金を支払わなくちゃいけない場合もあるんですよね。

小学生が運転する自転車が歩行中の女性と衝突し被害者が頭蓋骨骨折等の傷害を負って意識が戻らない状態となったケースでは9000万円を超える賠償金の支払い命令が出ました。

基本的に寮住まいの期間工は日常を自転車に頼る感じだと思います。なので安全を心がけて自転車といえども運転には十分注意したいですね。


それではまた